Wonderful "ROAD"


        ワンダフルな道を、ワンダフルなロードバイクで

美ヶ原

ツール・ド・美ヶ原、DNSでした

IMG_20170624_144530

初参加となるツール・ド・美ヶ原、結果はDNSでした。

家を出た瞬間からかなりのどしゃ降りでしたが、これくらいならなんとかなるかなと腹を括って出発。
しかし、青木峠の中腹辺りで地面から跳ね返った雨で視界が真っ白になり、雨音以外の音が聞こえないほどの豪雨に。
この状態で青木峠から松本側にダウンヒルするのは危険だと判断し、明通トンネルに到着した時点でDNSを決めました。

DNSを決めた後はしばらくトンネルで雨が降り止むのを待っていましたが、雨雲ズームレーダーを見る限りあと1時間は降り続けそうですし、このままずっと待っていては低体温症で最悪死に至る事も想定されたので、雨がちょっと弱まった瞬間に勇気を出して下ることに。(上田側に)
この時、僕の頭にあったことは以下の5つ。

・このままトンネルで力尽きては発見が遅れて死に至る可能性がある
・集落があるところまで下れば力尽きても誰かが助けてくれるはず
・とにかく少しでも人里近いところで、また、標高を下げてから力尽きたい
・集落まで戻れば屋根とベンチ付きのバス停があるので、そこまで行ければ何とかなるかもしれない
・ブレーキがほとんど効かず、視界も真っ白だが、青木峠の上田側は走り慣れた道なので集中力さえ保てば大きな事故になることはないはず

とにかく、生きることに必死でした。
今までに体験したことのない体の震え方や恐怖心に襲われましたが、その中でも集中力を保ち、最後まで精神を張り詰めていられたことは自信にもなりました。
レースに参加できなかったことは非常に残念ですが、お金をどれだけ払ってもなかなか体験できないことを体験できたのは良かったと思います。

レースに参加できなかったことは本当に本当に残念ですが、それでも明通トンネルでの判断に後悔はありません。
あのままブレーキが効かない状態で1回しか通ったことのない松本側に下っていれば事故は避けられなかったでしょうし、なにより途中で低体温症により力尽きていた可能性もあります。
極限状態で冷静な判断が出来たことはこれから先、きっと役立つ日が来るはずです。

それにしても、レースに参加できない悔しさというのは、ボロ負けした時の悔しさを遥かに上回りますね。
自転車に乗り始めて以来一番悔しい出来事です。
車坂峠でボロ負けしたときは「実力も機材もまだまだだ。もっと練習しなくちゃ。」と思わされましたが、今回は努力してどうこうという話ではありませんからね。
これまでの準備や努力が全て水に流された時の悔しさというのは、この世のいかなる悔しさを凌ぐと思います。

しかし、これで9月の嬬恋ヒルのモチベーションが更に上がったのは間違いありません。
美ヶ原で結果を残せなかった以上、嬬恋で何としてでも結果を残したいと思います。
三度目の正直です。

最後に、これまたショックなこととして、新品ピカピカのレーシング3が泥んこになってしまいました……。
他にもフレームやリュックなども酷い有り様です。
とりあえず今週は自転車お休みしたいですし、ぶっちゃけ自転車は見たくもないので、来週の土日辺りにちゃんと洗車してあげましょうかね。


それでは、参加された皆様、お疲れ様でした。


6/25、21時頃追記:
そういえば、もう覚えてないくらい昔、多分僕がブログや自転車を始めた時くらいからTwitterやブログで親交があったスポーツ大佐ことlomoさん(ブログ)(Twitter)と前日受付でお会いすることができました。
金曜日に僕がTwitterのDMで「13時頃に受付を済ませる予定です」と送ったのですが、実際に僕が到着したのは15時前。
lomoさんはどうやら13時からずっと待ってくださっていたみたいで、もう本当に帰ろうとしたときに僕を見つけたので声をかけたそうです。
長い時間お待たせしてしまい申し訳ありませんでした。

で、実際にお会いして思いましたが、ネット上でのイメージと全然違いましたwww
ネット上では三点リーダと「w」を多用する、独特な間がある話し方(書きかた)ですが、実際にお話したlomoさんはもうマシンガントークおじさんでしたね。
あと、近くを通りすがった全く知らない人にも声をかけていて、「おいおいコミュ力お化けか」って感じでした。

短い時間ではありましたが、お話できて良かったです。
これからまたイベント等でお会いしたときはよろしくお願いいたします!



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

美ヶ原の戦略を試走もせずに妄想で考えてみる

IMG_20160515_091812

早くも開催が今週末に迫ったツール・ド・美ヶ原!
1回も試走していないのでアレなんですが、今回は美ヶ原の戦略を100%妄想で考えてみようかなと思います。
もちろんコースを全く知らずに完全なる妄想で書くので、実際に戦略通り走れるわけがない!
というのは頭に入れてご覧くださいね。


1.最初の激坂区間はかなり頑張って踏む

美ヶ原の名物として、序盤に超激坂があるらしいのです。
今はどうか分かりませんが、昔は激坂がそれなりに得意だった僕。
そんな僕だからこそ、この激坂区間は頑張りたいと思うのです!

それに、激坂を乗り越えた先にある美鈴湖のほとりは比較的平坦らしいので、ここで良い位置に付けることが出来れば、平坦区間を速い集団に交じってクリアすることができます。
どうせその後の登りで千切られることが分かっていても、何とか美鈴湖まで付いていければそれなりに良いタイムが出るはず。
せっかく得意分野が序盤にあるのですから、ここで頑張るほかありますまい!


2.美鈴湖ではなるべく1人で走らず集団にくっつく

もう今回は事前に「寄生宣言」をしておきますよwww
やっぱり、絶対パワー的に平坦区間は1人で走ると死ぬことが確定しているので、集団に紛れ込んで引っ張ってもらおうかなと。
もちろん、ローテーションを要求されたらちゃんと回りますよ。
(´-`).。oO(疲れた振りしてすぐ下がるけどな)

激坂を抜けた時点で1人になってしまった場合は、少し緩めてでも後ろを待とうかなと思っています。
本当は前の集団に追いつければいいんですが、登りで離されているのに平坦で追いつくのは絶対無理なので。
とにかく、「美鈴湖では誰かと一緒に走る」ということを肝に銘じて走りまする。


3.武石峠まではマイペースで

美鈴湖を抜けてから武石峠に至るまでの道は、(ルートラボを見る限りでは)かなり本格的な登り。
ここはマイペースで走りたいと思います。
ただ、武石峠を抜けたあとの区間を考えると集団にいた方が良いのは間違いないので、多少オーバーペースや逆に遅めのペースでも、それが“多少”であるなら集団で走りたいと思います。
車坂峠の時のように、ペースが合う人がいなかったら無理に付いていかず、1人で走ります。


4.最後の平坦&下り区間は集団で走る

美ヶ原の特徴として、最後に長い平坦&下り区間が用意されているんですよね。
美鈴湖同様、ここも1人で走るのは圧倒的に不利なので、なんとか良い集団を見つけてクリアしたいと思います。

また、最後の最後に1kmほどの登りがあるっぽいのですが、そこはもちろん全エネルギーを出し切ってゴールする所存でございます。



IMG_20160515_102113

以上がルートラボと去年の参加者のブログを見ただけで考えた戦略でございます。
まあ、事前に考えた戦略なんて余程の実力が無い限りその通りになりませんし、そもそも自転車に乗り始めて以来の絶不調がちょうど来ている僕にとっては「戦略以前に完走することを目標にしろ」って感じです。


(´-`).。oO(そもそも俺、当日深夜2時くらいに起きられんのか……?)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

今年出場するレースの告知でございますわ!

IMG_20160612_100730

去年の7月にブログで宣言した通り、今年はついにレースデビューを果たす予定でございますのよ。
もうすでに3つのレースにエントリー済みなので、今回はそのレースの告知でございますわ!

【1戦目】
<サイクリング・フェスティバルあさま車坂峠ヒルクライム大会>
日時:5月21日(日)
場所:長野県小諸市


1戦目は、去年から「必ず出てやりますわ!」と決めていた車坂峠ヒルクライム大会ですわ。

このレースを選んだ理由は、
 ・家から近いため何度も試走が可能
 ・コースが距離12km標高差1005mとかなり本格的
 ・自転車レースの中では最安レベルの参加費6000円
 ・乾友行さんをはじめとして強豪選手が多数出場するので勉強になる
の4つでございますわ。

早い話、「近所でレベル高いレースが安く開催されているんだから出ない手は無いでございますわ」ということでございますの。
まだ出場していないのにこんなことを言うのもおかしな話ではございますが、わたくし結構このレースに思い入れがございまして、ここで良い成績を残すために1年間練習を頑張ってきた節がありますわ。
ですから、悔いの無いように頑張ってきたいと思いますわ!



【2戦目】
<ツール・ド・美ヶ原>
日時:6月25日(日)
場所:長野県松本市


2戦目は大会規模が大きく、参加者のレベルも非常に高いツール・ド・美ヶ原でございますわ。
このレースに出場することを決めた理由は、先ほどの車坂ヒルクライム大会とほぼ同じでございますわ。

しかしながら、このレースを選んだ大きな理由が他にもう1つございますの。
それは、「自分のレベルを客観的に知ることができる」ということでございますわ。
このツール・ド・美ヶ原は、毎年非常に高いレベルが繰り広げられますの。
弱音を吐くわけではございませんが、ここで良い成績を残すのはとても難しいですわ。
しかし、そのようなハイレベルな大会に出場してこそ、自分のレベルを客観的に知ることができるとわたくしは思いますの。
ですから、このレースは「良い成績を残してわたくしの名を全国に広めますわー!」というおてんばごごうるではなく、「わたくしは全国上位○○%でございますのね。勉強になりましたわ。」という謙虚で真面目なお嬢様ごごうるで臨みたいと思いますわ。



【3戦目】
<嬬恋キャベツヒルクライム>
日時:9月3日(日)
場所:群馬県嬬恋村


3戦目はちょっと特殊なレースである嬬恋キャベツヒルクライムでございますわ。
何が特殊かと言いますと、このレース、普段は自動車専用道路である万座ハイウェーを1日限定で使用するレースでございますの!
ターンパイク箱根を走る箱根ヒルクライムみたいなものだと思っていただいて結構ですわ。

このレースを選んだ理由もほとんど車坂峠ヒルクライム大会と同じですわ。
1つ違うのは、レースのレベルがそこまで高くない(と思われる)ことでございますわ!
まだ歴史も浅いでございますし、コースも初心者向け、知名度も高くございませんわ。
そして何より、開催日がマウンテンサイクリングin乗鞍の翌週ということで、日本屈指のクライマーたちは皆さんお休みモードでございますの!
そんなちょっと優しめ(だと思われる)なレースで、そこそこ良い成績を残しちゃおうという魂胆でございますわ!

(運が良ければ年代別トップ10入りも夢ではございませんわ……)



【もしかしたら出るかも】
<ヒルクライム佐久>
日時:9月10日(日)
場所:長野県佐久市


もしかしたら4戦目として出場するかもしれないのがこのヒルクライム佐久ですわ。
本当は車坂峠ヒルクライム大会と同じくらい出場したい大会でございましたが、わたくしが出場レースを決めた段階ではまだエントリーが始まっていないどころか、公式ホームページすらありませんでしたの。(超小規模大会なので今年開催するかも怪しかったですのよ)
ですから出場を見送りましたが、それでもやはり地元のレースということで出場したい気持ちは強いですわ。
ですので、車坂峠ヒルクライム大会とツール・ド・美ヶ原が終わった後のテンション次第ではもしかしたら出場するかもしれませんわ。



【まとめ】
5月21日:車坂峠ヒルクライム大会
6月25日:ツール・ド・美ヶ原
9月3日:嬬恋キャベツヒルクライム
(9月10日:ヒルクライム佐久)


というわけで、地元のレースに3~4つ参戦する、という告知でございましたわ。
もちろんどのレースも全身全霊で挑み、良い成績を狙っていきますわ!
もしレース会場でお会いしたら、その時は優しくお願いいたしますわね。

それでは、ごきげんよう。









【ぶっちゃけた話】
上述のように、1戦目は5月21日の車坂峠ヒルクライム大会なんですが、実は結構ヤバかったりします。
何がヤバいのかというと、もうレース2ヶ月前なのに全く自転車に乗っていません。
もう3週間くらい乗ってないです。
そして4月末くらいまでは忙しい日が続きそうなので、このままだと圧倒的練習量不足でレース当日を迎えてしまう恐れがあります。

しかし、それはどう考えたってマズいでしょう。
ただでさえここ2ヶ月ほど不調が続いているというのに、ここで練習から離れたら脚力低下は加速するばかりです。
そうならないためにも、今は何とか練習時間を作って、5月21日には自分史上最強で臨みたいと思います。

実は「忙しい」以外にも練習してない理由・言い訳があるのですが、それはまた後日。
とにかく今は練習あるのみです。


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ついったー
最新コメント
プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ