Wonderful "ROAD"


        ワンダフルな道を、ワンダフルなロードバイクで

ロングライド

曇り空でも美しい! そんな御牧ヶ原を一周しようぜライド 後半

IMG_20160915_143403

この記事は前回の続きです。
未読のかたは是非先にそちらを読んでくださいまし。


さて、それではガツンとパンチが効いた坂を登ってきたのでお腹が空いてきました。
次の自販機があるところで休憩しましょうか。
IMG_20160915_132159

あった、そして安い!

が、残念ながらゴミ箱が無いのでスルー(´;ω;`)
必要最低限の荷物しか持てないサイクリストにとって、空き缶を持てるスペースはなかなか確保できないのです……。




IMG_20160915_132047

この自販機の前には、面白いオブジェクトが置いてある公園がありました。




IMG_20160915_132023

IMG_20160915_132032

だそうです。




IMG_20160915_131911

こうやって撮ると少しはかっこよく見えるかも?





IMG_20160915_132704

IMG_20160915_132809

IMG_20160915_133135

公園を通り過ぎたあとは、再び気持ちのいい高原っぽい道路を進みます。
もうほんと気持ち良すぎです。




IMG_20160915_133542

走っていると自販機を見つけたので一休みします。
エナジードリンク系の飲み物らしいですけど、この大きさで120円はコスパが良すぎます。
私は栄養ドリンクの味が大好きなので、効果の有無に関わらず、この味が500mlも飲めるってだけで幸せですwww




IMG_20160915_133535

自販機がある場所もロケーションが良く、気持ちよく休憩できました。

ここで休んでいる途中、この自販機でコーヒーを買うために軽トラから降りてきたおじさんに話しかけられ、色々な話をしました。
どこから来たの? とか、この自転車って高いんでしょ? とか色々聞かれましたが、その中でも「なんでロードバイク乗ってるの?」という質問は返答に困りましたね。
なんてったって僕自身が何でか分からないんですもの。
だから答えがあやふやになってしまってごめんおじさん!
「なんか飲むか?」と聞いてくれたり、とってもフレンドリーな人でした。
長野は良い人がいっぱいだなぁ。




IMG_20160915_140829

自販機休憩を終えたら、さらに東へ進みます。
途中、白いお花畑を見てテンションが上がりました。
お花畑っていいよね。
俺っち花粉症だから長時間いられないけど。





IMG_20160915_140833

IMG_20160915_142154

その後はちょっとした隠れ里的な雰囲気が漂っている地域を抜けていきます。




IMG_20160915_141218

IMG_20160915_141226

途中で、岩肌がむき出しになっているところを間近で見られる区間に遭遇。
迫力が凄かったです。
こういうのを見ると、自然ってハンパネエなと思い知らされますよね。





IMG_20160915_142458

3時間ぶりに信号を見て興奮し、思わず写真を撮ってしもた。






IMG_20160915_142849

信号を直進すると現れる信号。




IMG_20160915_142959

前日に通った四十八曲峠のトンネルと違い、歩道がものごっつ広いので歩行者や自転車でも安心です。
そもそもほとんど車が通らないので自転車は車道でも全く問題ないですけどww





IMG_20160915_143403

先ほどの歩道超広トンネルもあれば、こんな手掘りのトンネルもあります。
長い手掘りトンネルは暗くて怖いので苦手ですけど、これくらいの短さならむしろ雰囲気があって好きですね。
それにしても佐久市(奥)と小諸市(手前)の市境がワイルドすぎるだろと思わなくはないですが。





IMG_20160915_143958

佐久市に入ると久しぶりに開けた景色が広がります。
こんなに車がびゅんびゅん通る道も久しぶりなので、なんだか眩暈がしますね。





IMG_20160915_150742

そんな開けた景色ともあっという間にオサラバ。
再びぷちクライムに突入です。





IMG_20160915_151418

IMG_20160915_151531

ぷちクライムのあとはちょこっとだけ平地がありますが……




IMG_20160915_152641

IMG_20160915_152720

すぐに林の中へ突入していきます。
写真でも分かると思いますが、木々が日光を遮っているので、昼間でもめちゃくちゃ暗いです。
おまけに路面状況も極悪でしたし、なんか採石場の入口にはゴツくて怖い兄ちゃんが仁王立ちしてこっちを見てるし、二度と通りたくないくらいのトラウマを植え付けられましたwww





IMG_20160915_153652

薄暗くて怖い闇の部分を抜けたあとは、いたって平和な道をのんびり走ります。





IMG_20160915_153859

この道を通るのは2回目ですが、前回気が付かなかったイケメンな橋を見つけたので記念にパシャリ。
こう見ると橋ってカッコいいですなー。
橋に魅了される人が多いのも頷けます。



IMG_20160915_153904

ていうか俺の自転車がカッコいい。




IMG_20160915_160033

立科町に帰ってくると、ご覧のように稲穂の絨毯がぶわーっと広がる景色がお出迎えしてくれます。
本当にふかふかもふもふしていて気持ちよさそうですな。
「日本の秋の風景」って感じがしますね。




IMG_20160915_162050

というわけで疲れたので公園にて一休み。
ベンチとツーショットを撮られて映えるのはイケメンの証ですな。
俺がベンチで座ってても不審者にしか見えないからね。




IMG_20160915_162417

彼女(自転車)の隣に座って……

ってあれ! ライトつけっぱなしじゃん!




IMG_20160915_162441

(テイク2)

そういえばtake2の東MAXじゃないほうっていま何やってるんだろうね。




IMG_20160915_164844

IMG_20160915_165557

その後は何事もなく帰還しました。

っておい、晴れるのおせーよ!
もう1日が終わるよ!
もうこれから帰るだけってときに晴れられても……。


【走行データ】
総合時間:6:11:45
実走時間:4:46:05
走行距離:80.3km
平均速度:16.9km/h
最高速度:55.8km/h
獲得標高:2,021m


たったの80kmではありますが、負荷・景色共にとても充実したライドになりました!
獲得標高もたったの2,000mですが、細かいアップダウンが多いので脚に来るんですよね。


さてこのコース、実は東京から人が遊びにきたときに使う予定のルート案の1つだったりします。
とりあえず修正しなくちゃいけない区間は分かったので、早速ルートを練り直しましょうかね。
あとは天気じゃ。
いいから黙って晴れんかい!


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

曇り空でも美しい! そんな御牧ヶ原を一周しようぜライド 前編

IMG_20160915_130850

今日は休み!
ということで、またまたいつもの御牧ヶ原に行ってきました。

本当は早起きして軽井沢に行く予定だったんですが、思ってた以上に軽井沢周辺の道がクソだったので断念。
本気で行きたいのなら、もっと時間をかけて綿密にルートを組む必要がありますね。

結局、出発1時間前に行き先やルートを決めましたww
やっぱり悩んだら慣れてるエリアですよね。
東筑摩でも良かったんですが、あっちは曇りだと景色が微妙なのと、前日に修那羅峠から四十八曲峠の麓まで行っちゃってるので、2日連続で同じコースは嫌だっちゅーことで却下されました。




IMG_20160915_112923

IMG_20160915_114216

IMG_20160915_114913

まずはいつものコース・登りを走ります。
今日は前半から飛ばしすぎると後半にバテるので、登りでもあまり踏まずにのらりくらりと走ります。
いつかここのStravaセグメントでもKOM獲りたいですねぇ。





IMG_20160915_115556

IMG_20160915_115626

坂の途中で通行止めになっている林道を発見。
いつの間に……。
それとも俺が気づいてなかっただけでずっと前からこうなっていたんでしょうか。
最近通ってなかったからなぁ。




IMG_20160915_115924

通行止め林道を通り過ぎるとすぐに頂上です。




IMG_20160915_120146

そのあとは恒例の絶景ポーイント!
何回見てもすんばらしい景色です。




IMG_20160915_120434
チラ見せ





その後はいつもの道をぶらーーーーーーっと走ります。
もうほんとぶらーーーーーーっとしてたので、この区間の平均出力20Wとかじゃないかな?
IMG_20160915_120842

IMG_20160915_120904

IMG_20160915_120936

IMG_20160915_121018

IMG_20160915_121354

IMG_20160915_121611

IMG_20160915_121706

IMG_20160915_122010

相変わらず走っていて気持ち良くなれる道です。
来るたびに脳みそがとろけるような感覚に陥りますね。



IMG_20160915_122202

続けて同じ道を進みますが、この先は初めて走る区間になります。
いつもこの手前で右左折していたので、直進は初めてなんですよ。
まだまだこの気持ちよさを味わえるとなるとワクワクが止まりませんね。




IMG_20160915_122555

やっぱしきもてぃー。




IMG_20160915_122340

稲穂の絨毯とはよく言ったもんだ。




右を見るとIMG_20160915_122639


左を見ると
IMG_20160915_122735

最高か。





IMG_20160915_123032

途中では東御の市街地が一望できます。
東御市も良いところですね。





IMG_20160915_123119

この道を下りきると……





IMG_20160915_123521

すれ違いさえ困難な狭い道に入っていきます。
あっ、これ一応県道です。
スタンダードな田舎の県道です。
大丈夫、すれ違いどころか大型車無理な区間もあるから。(ダメではないけど無理)



IMG_20160915_123525

IMG_20160915_123529

千曲川沿いなので、ご覧のようにちらちら千曲川が顔をのぞかせます。
それにしても迫力と音が凄い。
主に音が凄い。





IMG_20160915_124248

川のほうへ降りてみると、こんな遺跡がありました。



IMG_20160915_124311

IMG_20160915_124306

安政ってことは江戸時代に作られた堤防っちゅーことかいな、凄いやん。
そうなると、江戸時代の千曲川はここを流れてたんやな。
当時の川の様子が分かるとかめっちゃゴイスーやん。
あんまし流れてる場所変わってへんけど。



IMG_20160915_124433

なんか凄いのでマイチャリとパシャリ。




IMG_20160915_125306

IMG_20160915_125311

その後は川(千曲川じゃなくて鹿曲川)とか旧北御牧村の中心地とかを抜けていきます。
流石に村の中心地とだけあって栄えてますね。
数分前まで林道みたいな道を走っていたのでなおさらそう感じます。



IMG_20160915_125534

近くでこんなのを見つけました。
これを見てワクワクしない人間が果たしているのだろうか。
いや、いない。

というわけで中を見てきましたが、別に面白くはありませんでした(´・ω・`)
動画を撮ってあるので、気が向いたらアップします。



IMG_20160915_125803

さあ、また登っていきますよー。



IMG_20160915_125953

良い雰囲気だ。



IMG_20160915_130418

IMG_20160915_130552

って、めっちゃ激坂やないかーい!
いまルートラボで調べたら普通に10%オーバー区間もあるし……。
中距離ライドでこの勾配は脚にガツンとダメージが来るわ……廓……。





IMG_20160915_130718

しかーし! 頂上が見えてきたぞ!




IMG_20160915_130850

IMG_20160915_131024

IMG_20160915_131134

IMG_20160915_131324

IMG_20160915_131350

おおっー! めっちゃ(・∀・)イイ!!

なんだかちょっとした高原みたいな景色ですね。
まあ標高700mくらいですし、西日本基準なら高原を名乗っても良いくらいの高さでしょうか。
いずれにせよ、この空の近さや空気感は気に入りましたよ!
またそのうち来たいと思います。


というわけで今回はここまで!
後編は明日アップするので、お楽しみに!

後編アップしました→http://wonderfulroad.ldblog.jp/archives/10769458.html


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【ツール・ド・東筑摩郡ぷち】信州の夏を探しにローカルコースへ! 後半

IMG_20160807_115226

前回までのあらすじ:
古峠登ったらまさかの絶景だった



IMG_20160807_115446

車も人も全くいなかったわりに、ちゃんと標識を立ててあるくらい由緒ある峠なんですね。まあ確かに周囲には何もありませんし、むらとむらを繋ぐ生活道路っていうわけでもなさそうなので人がいないのは当たり前っちゃあ当たり前なんですが。でもここまで景色が良ければハイカーかライダーの一人や二人いてもおかしくないと思いますけどねぇ。




IMG_20160807_115431

峠へと通じる道の1つはご覧のように崩落の影響で通行止め。こういう山奥の林道って1回通行止めになると二度と開通しないというケースも多いので、なんだか残念です。




IMG_20160807_115717

この古峠はかつて東山道の支線だったらしいんですが……




IMG_20160807_115740

え?マジ?これ東山道?いやいや無理でしょ絶対遭難するってこれ。神隠しにあって二度と出てこれなくなっちゃうよ。




IMG_20160807_120423

そんな古峠を抜けたあとは聖高原へ。途中写真のような激坂(14%オーバー、しかも石畳)を越えなくてはいけないシーンもあり、なかなか楽しめました。石畳の激坂とかもはや苦しいとかキツイとか以前に一種のアトラクション感覚ですからねこれ。ちょっとでも気を抜いたら落車しますし、ここで落車したら膝とか肘が砕けますよ。




IMG_20160807_121810

IMG_20160807_121929

というわけでアトラクションを乗り越え聖高原に到着。ここには4月くらいに来たことがありますが、そのときはまだ凍えるような寒さで、なおかつガラガラだったためあまり良い思い出がありません。しかし、やはり夏に訪れる高原は最高ですな。良い景色ですし、涼しいですし。





IMG_20160807_122132

IMG_20160807_122626

ベンチが先に使われていたので、日陰に自転車を置いて適当なところで一休み。こういうワイルドな休憩も悪くないなと思いました。やはり自然を楽しむ者なら自然に身を置いて休まなきゃ!





IMG_20160807_131308

IMG_20160807_131312

その後は麻績村へ下り、そこから再び筑北村へ。これぞまごうことなき日本の夏、という風景が続きます。僕はこの観光地にはない、素朴な感じの風景が大好きです。見た者にアッと言わせる絶景ではないかもしれません。わざわざ遠くから訪れようと思わせる景色ではないかもしれません。でも、こういうところにこそ日本の原風景というものがあるのではないでしょうか。こういうところにこそ、私たちはノスタルジーを感じるのではないでしょうか。

作られた風景ではなく、守られてきた風景。僕はそんな風景が大好きです。





IMG_20160807_131459

でも腕に鳥が糞を落としてきたことは絶対忘れねえからな。マジでそのうち呪い殺してやっからな(激おこ)。





IMG_20160807_133133

IMG_20160807_132917edited

その後も筑北村の山道を進みます。




IMG_20160807_134847

きたねえドブのような色をしたダムを越え……





IMG_20160807_135930

ほい、青木峠到着です。

この峠はいつも青木村側から登っていたので、こちらの筑北村側から登るのはこの日が初めてでした。いつも見ていたこのトンネルも反対側から見るとまた新鮮で、中に入ると長くて真っ暗のように感じました。ていうか本当に真っ暗でした。死ぬかと思いました。


その後は完全に爆発四散した膝をかばうようにのろのろと走り、無事に家へと辿り着けたときは感動して涙しましたね。たくさんの良い風景を見せてもらいましたが、同時にたくさんのことを勉強させてもらいました。

膝が治ったら、近いうちにまたツール・ド・東筑摩郡を走りたいと思います。そのときもきっと、僕にたくさんの夏を見せてくれることでしょう。


【走行データ】
総合時間:5:07:08
実走時間:4:03:23
走行距離:80.8km
平均速度:19.9km/h
最高速度:63.4km/h
獲得標高:2,307m

うーむ、休憩が多すぎるな。それにしても最後の10kmくらいはへろへろな状態で走ったのにこの平均速度なんだから、もしかしてずっと万全な状態なら23km/hくらいあったのかも。まあでも、久しぶりに80kmもサイクリングできて楽しかったです!


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【ツール・ド・東筑摩郡ぷち】信州の夏を探しにローカルコースへ! 前半

IMG_20160807_132917edited

県外から信州に訪れる方々に人気のコースといえば、美ヶ原や渋峠(群馬側のほうが人気だけど)、乗鞍、安曇野などが挙げられます。そう、どれもこれも全国的に有名なサイクリストの聖地ばかり。皆さんは朝早くから輪行していらっしゃるというのに、僕はちょっと寝坊しても美ヶ原くらいならサクッといけるという点では恵まれているなぁと感じます。

しかーし!

地元民はそういうところには敢えて行かずに、ローカルなんだけどめっちゃいいとこを探検するという選択肢もあるのでございまする。僕は最近もっぱらそういうところばかり行っていて、美ヶ原とか最後にいつ行ったか思い出せないくらいです。だって人込みニガテなんだもんっ!(軟弱)

そんな僕が気に入っているコースは、東筑摩郡の村々を走るツール・ド・東筑摩郡(命名俺)。日本の原風景が残るこの地域を、平地あり、ヒルクライムありのコースで走ろうというものです。距離も100km前後と走りやすく、もし東京から誰か遊びに来たらこのコースを紹介したいなと思っているくらいです。問題はそんな遊びに来てくれる自転車仲間がいないことでしょうか。

東筑摩郡ってどこやねんとかそういう質問はググってください。地図とか貼るのめんどくさいので。ていうかこの前書きが面倒くさくなってきた。さっさと前に進みましょうか。




IMG_20160807_113022

ちなみにこの日のジャージはこれ。あれ、この前買ってたやつと違うじゃんと思われるかもしれません。そうです、これはこの前買ったやつではありません。なんと、僕が自転車を始めてから最初に買ったジャージなのです。もう2年前のことですかね。2年経ってようやく出番が回ってきました。放置プレイしていてごめんね。




IMG_20160807_100940

IMG_20160807_101252

IMG_20160807_101256

IMG_20160807_101517

IMG_20160807_101834

東筑摩郡に行くためには、その前に青木村を通り、修那羅峠を越える必要があります。いやー、でも青木村も本当に良いですねぇ。まさに日本の夏って感じの風景です。




IMG_20160807_102721

修那羅峠への道。ここからどんどん山奥に入っていきます。




IMG_20160807_105311

というわけで修那羅峠到着。勾配はまさに壁そのものですが、距離的にはそこまで長くないのでここはサクッと越えましょう。





IMG_20160807_110340

IMG_20160807_110532

IMG_20160807_110651

修那羅峠の筑北村側は景色もさることながら、ダウンヒルが最高に気持ちいいんです。ほどよい勾配、直線的な道、わりと綺麗な路面などなど、楽しく快適に下るための条件がバッチリ揃っています。逆に登るときは長くてダレるので、ぜひ青木村から登って、こちら側へのダウンヒルをお楽しみください。





IMG_20160807_111026

修那羅峠を下りきる直前に一つ道を逸れ、今度は古峠というところを目指します。




IMG_20160807_111559

IMG_20160807_111708

その途中に現れるのが、JR篠ノ井線の冠着駅。時間もちょうどいいころですし、駅を見学するついでに補給を摂ります。




IMG_20160807_111802

それにしても山深いところにある駅だなぁという印象。意外かもしれませんが、信州って南のほうに行かないと秘境駅が少ないんですよ。駅があるところは必ず平地で、その周りに集落やまちが形成されているパターンが多いため、こういう山奥にある駅っていうのはなかなか珍しいんですね。そのため、久しぶりにこういう駅を見られてちょこっと嬉しかったです。


その後冠着駅を出てしばらく登っていると、まもなく古峠に到着。ストリートビューで軽く下調べをしたときは特に何もない寂れた峠だったので、記念撮影だけして次の目的地に向かいましょ……う……!?


IMG_20160807_115144

IMG_20160807_115226

予定外の絶景キタ━━(゚∀゚)━━!!


つづく!


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

地蔵峠とコマクサ峠という2つのボスを乗り越え、四阿山の雄大さに恋をする Part2

IMG_20160501_113330edited

前回からの続きなので、まだ読んでない方はそちらから読んだほうが面白いと思います。






IMG_20160501_105305edited

というわけでコマクサ峠から再び地蔵峠に戻ってきました。ここから次の目的地、嬬恋村に向かいたいと思います。





IMG_20160501_105440edited

とはいえ、峠の向こう側はもう嬬恋村なので、単純に"行く"だけなら数秒で行けます。しかし、それではあまりにも面白くないので、今日はもうちょっと下り、事前に調べてきた絶景スポットを訪れたいと思います。





IMG_20160501_105648edited

それにしても路面が綺麗だ……。東御市側は1.5車線で舗装も雑だったのに、嬬恋村に入った瞬間、片道1車線に加えアスファルトのこのピカピカっぷり。もっと頑張りたまえ長野県。いくら群馬が関東とはいえ、相手もそこそこの田舎だ。怖気づくではないぞ! (群馬県民の皆さまごめんなさい)





IMG_20160501_110749edited

そんな感じで舗装が綺麗&東御市側と同じくほぼずっと直線が続くので、ダウンヒルはめちゃくちゃ快適でした。素人の僕でもほとんどブレーキを使わずに下れたので、プロがレースで走るとなったら100km/h以上は軽く出してくるんじゃないかと思います。

というわけで、この道をほぼ下りきった先に集落が現れますが、ここの信号を左折すると絶景ゾーン突入です。
IMG_20160501_110857edited

IMG_20160501_110913edited

早くも絶景の片鱗が……。

ちなみに、写真にも写っている「つまごいパノラマライン」は嬬恋村をぐるりと回る観光道路ですが、今回はこの道を無視して独自のルートを走りたいと思います。つまごいパノラマライン本線は、また時間ができたときに訪れたいと思います。




IMG_20160501_111458edited

IMG_20160501_112008edited

見よ! この圧倒的な開放感を! (これ以上ないってくらいガスってるけど)

先に結論から言っておくと、このつまごいパノラマライン近辺のルートはハッキリ言って神です。なんかビーナスラインとか渋峠とかサイクリストに人気な道は色々ありますけど、この道に勝るところは無いと言っても過言ではないです。(渋峠は行ったことないのでもし実際に行ったら意見が変わるかもしれませんけど)

しかもそれらの有名な観光道路と違い、車やバイクがほとんどいないのも魅力的。僕ね、これもハッキリ言っちゃいますけど、あのクソうるせーバイクが死ぬほど嫌いなんですよ。崖から落っこちて死ねばいいのにって常日頃から思うくらいには嫌いなので、そういう奴らがいないのは非常に高ポイントです。(過激派)


それでは、この先は私の読みづらい稚拙な文章と暴言は無しにして、四阿山の絶景を写真オンリーでお楽しみください。
IMG_20160501_112013edited

IMG_20160501_112330edited

IMG_20160501_112728edited

IMG_20160501_113220edited

IMG_20160501_113330edited

IMG_20160501_113509edited

IMG_20160501_113809edited

IMG_20160501_113853edited

IMG_20160501_114142edited
(25cのタイヤがすっぽりハマる溝に注意!)
IMG_20160501_114707edited

IMG_20160501_115622edited

IMG_20160501_120005edited

IMG_20160501_120103edited

IMG_20160501_120324edited

IMG_20160501_120437edited

IMG_20160501_120536edited

開放感溢れる絶景街道を抜けたあとは、国道144号線に合流。長野県と群馬県の境にある標高1362mの鳥居峠が目の前に現れます。
IMG_20160501_120912edited

ふぅ、今日はこれで地蔵峠→コマクサ峠→鳥居峠と3つの峠を走ったことになりました。全て標高1300mオーバーで、コマクサ峠に至っては標高2000mを越えているので非常に疲れましたわよん。

しかし、その分絶景をたくさん見られたのも事実。特に嬬恋村から見る四阿山の姿は雄大で非常に美しかったです。私の人生の中でも5本の指に入るくらい、もしかしたらナンバーワンの絶景だったかもしれません。今年中の再訪を、いまこの記事を書きながら固く誓いました。




IMG_20160501_123944edited

IMG_20160501_130334edited

帰りは国道144号をそのまま上田市側へと下りましたが、最初は車も少なくて快適なダウンヒルだったのですが、標高が下がって市街地に近づくにつれ車が増えまくってイライラ……。その昔、大垂水峠へ行った帰りに甲州街道が事故で全く動かなくなったのを思い出すくらい前に進みませんでした。途中で県道4号に逃げるなどするならともかく、市街地まで144号を下るのは絶対におすすめしません。道が狭いので、ドライバーからしても迷惑だと思いますし。



【走行データ】
総合時間:6:40:11
実走時間:4:52:08
走行距離:83.8km
平均速度:17.2km/h
最高速度:54km/h
獲得標高:2404m

ようやく5月1日のライドレポを消化することが出来た……。次のライドレポは多分1ヶ月ぐらい後?

……にならないよう精進いたします!

……と言いたいところだけど、実際はそうなるんだろうなぁ(。-`ω-)



ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ついったー
最新コメント
プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ