Wonderful "ROAD"


        ワンダフルな道を、ワンダフルなロードバイクで

トレーニング

【さあ調子は】6/23 レース前最終調整(笑)ライド【どん底だ!】

IMG_20170623_062947

今日も睡眠時間調整のため徹夜。
それならせっかく早朝に乗れるんだからということで、美ヶ原前最後の追い込みをしてきました。



IMG_20170623_060823

最後の追い込みと言っても、青木峠とか行くと間違いなく1日で回復できないので、4分ちょっとで終わる市坂峠へ。
タイムは鉄下駄時代のベストより10秒も遅いタイムでした。
本当は逆に10秒くらい速くないとダメなのにね……。

心肺は意外と追い込めるのですが、それに脚が付いてこないですねー。
今まで逆のパターンは散々味わってきましたが、脚が付いてこないパターンは今回が初めてです。
どうやら僕は、未曾有の絶不調の時はこうなるようです。

どうでもいいけど「未曾有」とか6年ぶりくらいに聞いたな。



IMG_20170623_062640

市坂峠の後はいつものここへ来ました……けど朝早すぎてまだ開いてませんでした。



IMG_20170623_063007

レーシング3によりかっこよくなったマイバイク。
この写真を撮る時、思いっきり右側に倒してこの後足元から変な音が聞こえるようになりましたが、何も聞こえなかったことにしておきます。
もしかしたらホイールも振れたかもしれませんが、もしそうだとしても知らなかったことにしておきます(泣)


【走行データ】
総合時間:1:11:45
実走時間:1:03:50
走行距離:24.3km
平均速度:22.9km/h
最高速度:53.6km/h
獲得標高:397m



うーん、もしかしたら調子上がってるかもしれないなーと微かな希望を持って乗ってみたものの、結果は撃沈……。
しかし、高い出場料払っている以上、頑張れる分だけ頑張ってきますよ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【レーシング3】6/20 青木峠練習【ファーストインプレッション】

IMG_20170620_063409-2

今朝の青木峠練習でレーシング3を初使用したので、まずは1回乗った時点でのインプレッションを書いてみたいと思います。

まず、漕ぎ出しはハッキリ言って軽くないです。
よく、鉄下駄からちょっと良いホイールに変えた時に言われる「漕ぎ出しから違う! 軽い!」というのはありませんでした。
まあ、これはフレームやタイヤも影響しているのかもしれませんが。
そうそう、今回タイヤは鉄下駄と全く同じ物を使っているため、そこで差は出ませんのでご安心を。

次に巡航ですが、これも最初「鉄下駄と比べてどのくらい違うんだろう~(ワクワク」とか言って適当に踏んでる時は鉄下駄とほとんど変わりませんでした。
26km/hくらいまでは鉄下駄と変わりませんね。

しかし、ちょっとパワーを上げると状況は一変。
いつも28km/hくらいで走っているところで31km/h、36km/hで走っているところで44km/hと大幅にスピードアップしました。

やはり、剛性が高いホイールの宿命として、「踏まないとスピードが出ない」のでしょうね。
逆に言っちゃうと、踏めば踏むほどスピードが上がっていくということでもあります。
鉄下駄は踏んでも踏まなくてもそこまでスピード差は出なかったので面白いです。
中村龍太郎さんらが仰っていた「剛性が高い機材は使う人のパワーが高くないと使いこなせない」っていうのはこういうことなんでしょうね。
踏まれれば踏まれるほど力が出るってなんか俺みたいだな。

あっでも、よく言われる「ギア2枚分軽くなる」ってのは特に感じなかったですね。
登りも平地もちゃんと踏めばもしかしたら2枚分軽くなるのかもしれませんが、決してヒルクライムが楽になるとかはないです。
結局はちゃんと踏まなきゃいけないので。

続いてハブの性能ですが、これも鉄下駄と比べると凄まじい差があると思います。
「ペダリングを止めてもあまりスピードが落ちない! 凄い!」ってなりましたから。
近年ゴキソのホイールが天下を獲り始めていることから分かるように、ハブの性能というのはホイール重量に負けず劣らず重要な要素となってきましたので、このパーツの大幅パワーアップは嬉しい限りです。

そして地味に嬉しい点として、振動吸収性が鉄下駄と比べてかなり高いです。
今まで「ガッタンガッタンドッカンドッカン」となっていたところが、レーシング3では「ガタガタガタガタ」くらいで済みます。
これはロングライド時の疲労軽減にも役立ちますし、路面状況を気にせず全力で踏めるという点ではTTやレースでも役に立ちます。
今までは「剛性が高いホイール=振動を拾いやすく乗り心地が悪いホイール」と捉えていたので、これは嬉しい誤算です。

そして最後に1つ。
鉄下駄と比べて下りがクッソ遅いwwwww
そうなんです、鉄下駄は圧倒的なリムの重さを活かしてダウンヒルで超加速が出来るんですよ。
しかし、その超加速がストレートな道だけなら良いんですが、残念ですがカーブでも容赦なく超次元加速してしまうんですね。
その場合どうなるかというと、大きく膨らんで曲がるか、もしくはコーナリング中にブレーキを使わなくてはいけません。
前者は公道では絶対やってはいけませんし、後者もやってはいけないことの筆頭です。
でもブレーキかけてコーナリングをクリアしないとちゃんと曲がれないんだから仕方ありませんよね。

一方、レーシング3はそういった変な加速が無いため、ブレーキもかけず、膨らみもせずコーナリングを綺麗に走ることが出来ます。
この曲がりやすさには驚きましたね。
直線の道でスピードを出したければペダルを踏めばいいだけの話ですし、スピードは出にくいけど曲がりやすいホイールの方が絶対良いと思います。

というわけで以上のことをまとめると、

・漕ぎ出しは別に軽くない
・流すだけでは鉄下駄と変わらない
・しかし踏むと一変、凄まじく加速していく
・つまり踏まないとスピードが出ない
・ハブ性能も良い
・振動吸収性も良い
・下りは遅い、でもその分コーナリングは神


って感じですね。
もっと簡潔に、一言で言うと「めっちゃ良いホイール」です。

IMG_20170620_052622-2

IMG_20170620_060018-2

白を基調としたデザインもかっこいいですしね。
不評な白色のハブも、フォークが白だとピッタリです。


というわけでレーシング3のインプレは一旦置き、ひとまず練習日誌へ。
どれだけレーシング3が凄いかは、練習日誌でも触れますので、そのままどうぞ。


IMG_20170620_063342

レーシング3の初陣はやっぱりホームの青木峠。
気になるタイムは、今までのベストより4秒速い29:03

……えっ?
ホイールで600gも軽量化して、しかも記事前半であれだけレーシング3を絶賛しておきながらベストよりたったの4秒速いだけ?
やっぱりホイールが良くなったところでヒルクライムのタイムは変わらないじゃないか!

と思われたかもしれません。
しかし、今日のコンディション・条件でこのタイムはめちゃくちゃ凄いのです。
どれだけ悪条件が揃っていたかというと、

1.前日に寝違えて脚がバキバキ

前日に変な体勢で寝たせいか、起きた時からずっと脚が痛かったんですよ。
どのくらい痛かったかというと、買い物のためにママチャリ乗ったら脚を攣ったレベルです。
皆さんなかなか無いでしょ、ママチャリ乗って脚攣ること。
それくらいバキバキですから当然本気で踏んだら脚攣ってその場で心肺停止しておうちに帰れません。
そんな中出たタイムってことを考えるとめちゃめちゃ凄いです。

2.無風

旧ベストタイムはちょこっと追い風の恩恵を受けたものでした。
しかし、今日は珍しく全くの無風。
追い風か向かい風かでタイムが2分~3分変わってくる青木峠において、無風でこのタイムは凄いのです。

3.使いたい筋肉の使い方を忘れる

1週間間隔が空いただけで、まさか使いたい筋肉の使い方を忘れているとは思いませんでしたね。
具体的に言うとお腹の筋肉なんですが、こんな重要な筋肉の使い方を忘れるとか10年くらい自転車から遠ざかっていたんかお前っていう感じです。

4.そもそも徹夜明け

徹夜明けで峠TTをする時点で頭おかしいんですが、それでこんなタイムが出たんだから仕方あるまーい。


こんな絶不調の中、ベストタイムを平気で出しちゃうレーシング3って凄くないですか。
半端ないですよね。
だって、「えっ、こんなしか踏んでないのにこのタイムが出ていいんですか!?」って登った後思いましたもん。
ぶっちゃけた話、風向きと調子次第であと1分くらい普通に縮むと思います。

いやー、とにかく本当にレーシング3は凄い!!!


【走行データ】
総合時間:2:00:21
実走時間:1:50:35
走行距離:45.5km
平均速度:24.7km/h
最高速度:50.8km/h
獲得標高:996m


「下りでスピードが出ない&脚が死んでるからスプリントが出来ない」の二重苦が重なって最高スピードがかなり低いです。
平均速度はまあまあ速いですが、何度も言っている通り脚が死んでいてこれなので、フレッシュな状態ならもしかしたら26km/hくらい行くんちゃうかなこれ。

最後になりますが、レーシング3めっちゃ良いです!
これで練習頑張って、嬬恋ヒルは調整もバッチシ決めて、良い成績を残すぞ!


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【9ヶ月ぶりの室賀で】6/13 室賀峠練習【自己ベストktkr】

IMG_20170613_161757

皆さん、ここがどこだか覚えていますか。
そうです、僕が室賀峠練習の日に必ず写真を撮っていた場所です。

最後に室賀峠TTにチャレンジしたのが昨年9月。
およそ半年間チャレンジしてこなかった室賀峠に今日は行ってきました。

何故かって?

そりゃあ、風が強かったからさ!



IMG_20170613_164913

タイムは19:22
今までの自己ベストが20:25だったので、一気に1分以上短縮したことになります。

「風による影響が強すぎてTTに向いてないから」という理由で今年から練習場所としてリストラされてしまった室賀峠。
調子があまり良くないにも関わらず、去年の自己ベストを一気に1分も短縮してしまった今日の結果は、まさにリストラされた理由を顕著に表していると思います。
去年の自己ベストを出した日も確か物凄い追い風の日だったので、単純に実力で1分縮めたという捉え方も出来ますけどね。

ちなみに小泉交差点~室賀峠のフル区間の他、ラスト信号~峠の少し先と商店~峠の2つの区間でも自己ベストを更新しましたよ!

・ラスト信号~峠の少し先
旧自己ベスト:19:48
新自己ベスト:18:22

・商店~峠
旧自己ベスト:10:16
新自己ベスト:9:59

こう見ると、風の影響が比較的少ない商店~峠区間でも17秒縮められているんですね。
いやー、ちゃんと成長しているんだなー(≧▽≦)


【走行データ】
総合時間:1:29:28
実走時間:1:20:57
走行距離:32.9km
平均速度:24.4km/h
最高速度:51.5km/h
獲得標高:545m



今日は走った時間が悪く、退勤ラッシュに引っかかったため平均速度は低め。
本当、クソ狭い住宅街の道や農道を車がせわしなく走るのはどうにかならないんですかね(;´Д`)
人によると思いますが、僕は都会の満員電車と同じくらい嫌いですね、通退勤ラッシュの超渋滞。


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【思いっきり】6/11 青木峠練習【寝坊した】

IMG_20170611_172727

本当なら今日は美ヶ原の試走に行く予定だったのですが、起きた時には既にお昼を回った13時。
ダメだこりゃっていう感じでしたが、せめて青木峠練習だけでもしておくかということで、晴れた日曜日なのにいつもと同じ青木峠へ。



IMG_20170611_165651

タイムは32:23から信号で止まった40秒を引いて31:43でした。

今日は出発した瞬間から「これはやwwばwwwwいwwwwww」となるくらい向かい風が強く、下手すりゃ34分台とかもあり得るでこれと思っていたので、タイムの割りに満足はしています。
しかし、4月の今日と同じくらい風が強い日にやったTTでも32分ジャストくらいのタイムは出ていたので、ぶっちゃけあと30秒くらいは縮めたかったというのが本音です。

そしてやはり、モチベーションが上がってこないと調子もなかなか上がってきませんねー。
どん底だった先週と比べると確実に上がってきてはいるんですが、それでもまだ満足がいくほど体は動いてくれません……。

時間が無かったのでブログに書いていませんが、実は今週の火曜日に29:26という歴代で2番目に良いタイムが出ているんですよね。
しかし、その日も特に調子が良かったというわけではありませんでした。
そうなると、地力はちゃんと上がっているのかな?
いずれにせよ、ツール・ド・美ヶ原まではあと2週間あるので、ゆっくり上げていけたらなと思います。


そして今日はめちゃくちゃ寒かったです。
ちゃんと追い込めているのに汗を全く掻きませんでした。
それどころか手はかじかむわ、脚は痺れるわ、頭は痛くなるわで本当に6月かって感じでしたね。
僕は基本的に気温が上がれば上がるほどパフォーマンスも上がるので、太陽さんにはサボらずに頑張っていただきたい(`・ω・´)


【走行データ】
総合時間:2:03:31
実走時間:1:52:32
走行距離:45.5km
平均速度:24.3km/h
最高速度:52.6km/h
獲得標高:982m



今日は復路の途中まで体が冷え切っちゃって全然踏めなかったので、平均速度は低め。
しかし、それでも2時間ちょっとで帰ってこれるようになったのは嬉しいですね。
信じられないかもしれませんが、去年や今年の4月までは2時間半くらいかかっていましたからね……。


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

前回遅かったのが悔しかったので今回こそは144km3400mアップを7時間で走りたい

IMG_20170604_125224

先週走った信州新町・小川村往復超絶アップダウンコース。
先週はこのコースを走りきるのにグロス8時間半かかってしまいました。
ぶっちゃけた話、8時間半は遅い!
144kmなので、1時間20kmと考えると7時間ちょいで完走してようやく平均的と言えるでしょう。

そこで今回は、先週と同じコースを7時間で完走するのを目的に走りたいと思います。
1時間半も短縮するのは容易ではありませんが、補給タイミングの改善と、写真撮影を控えれば何とか達成できる範囲でしょう。
特に補給は前回思いっきりミスってエネルギー切れ状態でしばらく走っていたので、ここを改善すれば1時間くらい簡単に縮むでしょう。(超希望的観測)



IMG_20170604_085451

出発は8時半。
この日は3時半に起床してチャンピオンズリーグ決勝を見ていたので、いつもより出発は早めです。

まあ、ユヴェントスは負けちゃいましたけどね(´・ω・`)
ただ、メッシとシャビと絶好調ラキティッチとその他大勢がじわじわ絞め殺してきた2年前のバルセロナ戦よりは精神的に楽でしたねwww
2年前の神メンバー(ビダルとかテベスとかピルロとかポグバとかよく考えれば凄いメンツだ)で負けた時も「このメンバーで勝てないんじゃもう二度とCL決勝に来ることすら無理だな」と思っていましたが、今回も思っていることは全く同じです……。
幸い、僕はまだあと50年くらいは生きているので、その間に1回優勝してくれれば十分ですww



IMG_20170604_092522

さて、サッカーの話は一旦置いといて、まずは修那羅峠を越えていきます。
あまり真面目に踏んでいなかったのですが、家に帰ってStravaを見てみると自己ベストタイムを出していました。
青木峠のKOMを獲って、ホイールを軽いやつに変えたら修那羅峠のKOMも狙ってみようかしら。



IMG_20170604_094007

「本数が少ない田舎のローカル線エンカウント率高い芸人」を東京にいた頃からやっていますが、今回もバッチリ遭遇させていただきました。
ただの快速でも特急っぽい車両に乗れたり、そもそも車両が4種類くらいあったりと謎の多い篠ノ井線です。



IMG_20170604_101313

IMG_20170604_101818

その後はアップダウンが多い……と言いつつほとんど登りのルートをそこそこ踏んで進んでいきます。
北アルプス展望ポイントではまたしても雲が……。



IMG_20170604_102007

そして今回新しく導入した補給食がこちら。
このサイズで約190kcal、そしてカロリーメイト系食品より美味しいのが特徴。
このチョコバナナクッキー味以外にも4種類くらいラインナップがあり、どれも美味しかったのでこれからもお世話になりそうです。



IMG_20170604_103710

片側交互通行の信号で止まったので北アルプスをパシャリ。
奥の北アルプスより、手前の工事現場間溢れるセットの方が目立っています。



IMG_20170604_103812

IMG_20170604_110710

その後は大岡地区を抜けて



IMG_20170604_115531

小川村に入っていきます。
信州新町から小川村に抜ける道もかなり本格的な登りなので、ロング練習の中盤に持ってこられるとかなりキツいです。
しかし、良い練習になるのは間違いないですね。



IMG_20170604_125224

小川村を大町街道でズバっと横断した後は、再び登り多めのアップダウンコースに入っていきます。
普通に7、8%くらいある坂が脚をゴリゴリ削ってきますが、このかっこいい北アルプスを見ながらだと苦痛も半減しますね。
先々週くらいまでやってたジロでもこんな景色が多かったので、なんとなくイタリアを走っているような気がするようなしないようなあっでもやっぱりしないです。



IMG_20170604_132510

ごごうるイチオシ、八坂の棚田。
ここまで来れば後は下りが多めということもあり、二重の意味で好きですね。



IMG_20170604_145529

その後は青木峠の筑北村側の手前まで登る道を経由して青木峠へ。

前回はここを登る時には既に脚が終了してへろへろで、脚付き無しで登りきることを目標にするくらい酷い有り様でした。
しかし、ロングで最後の最後まで踏める力が無いと将来は明るくありません。
なので、今回はここでそれなりに踏んで青木峠にゴールすることがライドを通してのもう1つの目標でした。

結果は前回の28分から4分縮めた24分!
パワーは相変わらず酷い有り様(約190W)でしたが、前回より明らかに力を残してここに挑めましたし、最後の最後まで追い込んで踏めたのは良かったです。
脚がフレッシュな状態なら20分弱くらいで登れるはずなので、そのうちロング練の最後でも21分や22分で登れるような強さを身に着けたいですね。


その後はいつも通り青木峠を下って帰宅。
シャワーを浴びてすぐ寝てしまい、起きたら翌朝だったくらいには疲労困憊していたようですwww


【走行データ】
総合時間:7:17:33
実走時間:6:24:28
走行距離:143.6km
平均速度:22.4km/h
最高速度:62.6km/h
獲得標高:3,893m



目標のグロス7時間切り達成はならず……。
しかし、前回からタイムを大幅短縮できたのは素直に喜びたいと思います。

しかし、これだけ頑張って踏んでも平均速度が22km/hとは、やはりこのコースはキツいですな(;´Д`)
このコースをソロで平均25km/hで走れるようになったらロードレースでもそこそこ走れるようになるのかしら。


というわけで、ここ2週間続けて信州新町や小川村まで出かけるロング練をしてきましたが、どうやら今週辺りから「これ地元の人生活出来なくね?」と心配になるくらい色々なところで工事が始まるので、7月までこっち方面はお休みします。
代わりに、迫る6/25開催のツール・ド・美ヶ原に向けた、美ヶ原試走を来週から2週連続で行う予定です。
ぶっちゃけた話、気持ちがもう9月の嬬恋に向いてしまっており、なかなかモチベーションが上がらない状況なのですが、試走で良いタイムを出して何とか美ヶ原も好調な状態で臨みたいと思います。


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ついったー
最新コメント
プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ