Wonderful "ROAD"


        ワンダフルな道を、ワンダフルなロードバイクで

自転車

みんなひっさしぶり~! 自転車から離れて別方面から強くなって帰ってきたよー!



みなさんお久しぶりです!
ブログを更新するのは1ヶ月ぶりですね。

この1ヶ月間、何をやっていたんじゃゴルァって話ですけど、まあ色々やっていました。
Twitterでは触れましたが、宮城に帰省してゆり園に行ったり、その他電車や車では色々なところに行っていました。
ロードバイクには1回も乗りませんでしたがね! (正確には8月になってから1回乗った)

しかしですね、自転車に関することを全くやっていなかったというわけではないのです。
1ヶ月自転車から離れて、ここから更にレベルアップするためのことを2つやってきました。

1.体の歪みを矯正した
79028ffc2d4dc2ab861d09cdaba8ba68
(写真:http://imas.gamedbs.jp/cg/idol/detail/160?h=79028ffc2d4dc2ab861d09cdaba8ba68)

※画像はイメージです

わたくし、昔からずっと足を組んで座る癖があったのですが、それが原因で結構体が歪んでいたみたいなんですね。
左足のクリートをどれだけ調整してもしっくり来なかったのは体の歪みが大きいだろうということで、この1ヶ月間、なるべく足を組まずに生活してみました。
と言っても意識すればそこまで難しいことではなく、恐らくこの1ヶ月間で足を組んだのは1回か2回です。

この地道な努力が功を奏したのか、体の歪みはかなり改善され、木曜日に久しぶりにロードバイクに乗って足をクリートで固定したところ、あれだけ感じていた違和感がすっかり無くなっていました!
流石に右足と同じくらいピッタリしっくりというわけにはいきませんが、それでも左足の違和感が大きすぎてペダリングに集中できないほどだった1ヶ月前と比べれば大きな進化です。
たった1ヶ月でこんなに効果が出るんですから、これからも「足を組まない」ということはずっと意識していきたいと思います。


2.食べまくって体重を増やした
5bc1016a4121d230bcadb3e57ae9becc
(写真:http://imas.gamedbs.jp/cg/idol/detail/8?h=5bc1016a4121d230bcadb3e57ae9becc)

※画像はイメージです。イメージだっつってんだろ!

せっかく運動量が減るんだから、この機会に食べまくって体重を増やしちゃおうという作戦。
具体的にどれだけ食べまくったのかというと、1日3食+おやつにポテチかじゃがりこ+晩御飯はご飯1.5合~2合を食べるようにしました。

この吐き気と戦いながら続けた努力も功を奏し、なんとこの1ヶ月で500gの増量に成功し、起床時体重が安定して53kgくらいにすることができました。
もちろん体脂肪率は変わらず5%前後のままです。
おっぱいに脂肪注入でもしない限り絶対体脂肪率が増えないボディなので、そこら辺の心配はいりません。
純粋に出力に直結する部分だけが500g増えたと言ってもいいでしょう。
これも大きな大きな進化ですよ!

この短期間でこれだけの増量に成功した秘訣としては、やっぱりポテチが効いたかなと思っています。
「太りたいけどどれだけ食っても太れへん! アメリカのデブは一体どうやってあんな体を作り上げているんや!?」と考えたところ、「なるほどポテチとコーラか!」という結論に至り、ポテチをほとんど毎日食べ続けた結果、見事に増量することができました。
あと5kgは増やしても大丈夫、というよりあと+5kgくらいがクライマーとしては適正体重くらいなので、これからもポテチのお世話にはなりたいと思います。
もちろん、普段の食事量も徐々に増やしていきますよー!





IMG_20170803_160751

というわけで、自転車には乗らずに体づくりに徹した7月でした。
8月に入ってからは、今年最後のレースまで1ヶ月を切ったということもあり、流石に実走練習を始めています。
木曜日には久しぶりに青木峠に登ってきましたが、タイムは31:38と良くも悪くもないタイムでした。
しかし、1ヶ月以上のブランクがあり、調子が良いわけない現時点でこのタイムは楽観的に捉えてもいいタイムではないでしょうか。
ちなみに、前々回の車坂峠HCの時にはジャストタイミングで絶好調に持っていくことができましたが、その時も1ヶ月前まではめちゃめちゃ調子悪かったんですよね。
経験上、1ヶ月あれば調子をどん底から頂点に持っていけることを知っているので、今月も乗り込んで絶好調で嬬恋ヒルに繋げたいと思います。


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ツール・ド・美ヶ原、DNSでした

IMG_20170624_144530

初参加となるツール・ド・美ヶ原、結果はDNSでした。

家を出た瞬間からかなりのどしゃ降りでしたが、これくらいならなんとかなるかなと腹を括って出発。
しかし、青木峠の中腹辺りで地面から跳ね返った雨で視界が真っ白になり、雨音以外の音が聞こえないほどの豪雨に。
この状態で青木峠から松本側にダウンヒルするのは危険だと判断し、明通トンネルに到着した時点でDNSを決めました。

DNSを決めた後はしばらくトンネルで雨が降り止むのを待っていましたが、雨雲ズームレーダーを見る限りあと1時間は降り続けそうですし、このままずっと待っていては低体温症で最悪死に至る事も想定されたので、雨がちょっと弱まった瞬間に勇気を出して下ることに。(上田側に)
この時、僕の頭にあったことは以下の5つ。

・このままトンネルで力尽きては発見が遅れて死に至る可能性がある
・集落があるところまで下れば力尽きても誰かが助けてくれるはず
・とにかく少しでも人里近いところで、また、標高を下げてから力尽きたい
・集落まで戻れば屋根とベンチ付きのバス停があるので、そこまで行ければ何とかなるかもしれない
・ブレーキがほとんど効かず、視界も真っ白だが、青木峠の上田側は走り慣れた道なので集中力さえ保てば大きな事故になることはないはず

とにかく、生きることに必死でした。
今までに体験したことのない体の震え方や恐怖心に襲われましたが、その中でも集中力を保ち、最後まで精神を張り詰めていられたことは自信にもなりました。
レースに参加できなかったことは非常に残念ですが、お金をどれだけ払ってもなかなか体験できないことを体験できたのは良かったと思います。

レースに参加できなかったことは本当に本当に残念ですが、それでも明通トンネルでの判断に後悔はありません。
あのままブレーキが効かない状態で1回しか通ったことのない松本側に下っていれば事故は避けられなかったでしょうし、なにより途中で低体温症により力尽きていた可能性もあります。
極限状態で冷静な判断が出来たことはこれから先、きっと役立つ日が来るはずです。

それにしても、レースに参加できない悔しさというのは、ボロ負けした時の悔しさを遥かに上回りますね。
自転車に乗り始めて以来一番悔しい出来事です。
車坂峠でボロ負けしたときは「実力も機材もまだまだだ。もっと練習しなくちゃ。」と思わされましたが、今回は努力してどうこうという話ではありませんからね。
これまでの準備や努力が全て水に流された時の悔しさというのは、この世のいかなる悔しさを凌ぐと思います。

しかし、これで9月の嬬恋ヒルのモチベーションが更に上がったのは間違いありません。
美ヶ原で結果を残せなかった以上、嬬恋で何としてでも結果を残したいと思います。
三度目の正直です。

最後に、これまたショックなこととして、新品ピカピカのレーシング3が泥んこになってしまいました……。
他にもフレームやリュックなども酷い有り様です。
とりあえず今週は自転車お休みしたいですし、ぶっちゃけ自転車は見たくもないので、来週の土日辺りにちゃんと洗車してあげましょうかね。


それでは、参加された皆様、お疲れ様でした。


6/25、21時頃追記:
そういえば、もう覚えてないくらい昔、多分僕がブログや自転車を始めた時くらいからTwitterやブログで親交があったスポーツ大佐ことlomoさん(ブログ)(Twitter)と前日受付でお会いすることができました。
金曜日に僕がTwitterのDMで「13時頃に受付を済ませる予定です」と送ったのですが、実際に僕が到着したのは15時前。
lomoさんはどうやら13時からずっと待ってくださっていたみたいで、もう本当に帰ろうとしたときに僕を見つけたので声をかけたそうです。
長い時間お待たせしてしまい申し訳ありませんでした。

で、実際にお会いして思いましたが、ネット上でのイメージと全然違いましたwww
ネット上では三点リーダと「w」を多用する、独特な間がある話し方(書きかた)ですが、実際にお話したlomoさんはもうマシンガントークおじさんでしたね。
あと、近くを通りすがった全く知らない人にも声をかけていて、「おいおいコミュ力お化けか」って感じでした。

短い時間ではありましたが、お話できて良かったです。
これからまたイベント等でお会いしたときはよろしくお願いいたします!



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【さあ調子は】6/23 レース前最終調整(笑)ライド【どん底だ!】

IMG_20170623_062947

今日も睡眠時間調整のため徹夜。
それならせっかく早朝に乗れるんだからということで、美ヶ原前最後の追い込みをしてきました。



IMG_20170623_060823

最後の追い込みと言っても、青木峠とか行くと間違いなく1日で回復できないので、4分ちょっとで終わる市坂峠へ。
タイムは鉄下駄時代のベストより10秒も遅いタイムでした。
本当は逆に10秒くらい速くないとダメなのにね……。

心肺は意外と追い込めるのですが、それに脚が付いてこないですねー。
今まで逆のパターンは散々味わってきましたが、脚が付いてこないパターンは今回が初めてです。
どうやら僕は、未曾有の絶不調の時はこうなるようです。

どうでもいいけど「未曾有」とか6年ぶりくらいに聞いたな。



IMG_20170623_062640

市坂峠の後はいつものここへ来ました……けど朝早すぎてまだ開いてませんでした。



IMG_20170623_063007

レーシング3によりかっこよくなったマイバイク。
この写真を撮る時、思いっきり右側に倒してこの後足元から変な音が聞こえるようになりましたが、何も聞こえなかったことにしておきます。
もしかしたらホイールも振れたかもしれませんが、もしそうだとしても知らなかったことにしておきます(泣)


【走行データ】
総合時間:1:11:45
実走時間:1:03:50
走行距離:24.3km
平均速度:22.9km/h
最高速度:53.6km/h
獲得標高:397m



うーん、もしかしたら調子上がってるかもしれないなーと微かな希望を持って乗ってみたものの、結果は撃沈……。
しかし、高い出場料払っている以上、頑張れる分だけ頑張ってきますよ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

美ヶ原の戦略を試走もせずに妄想で考えてみる

IMG_20160515_091812

早くも開催が今週末に迫ったツール・ド・美ヶ原!
1回も試走していないのでアレなんですが、今回は美ヶ原の戦略を100%妄想で考えてみようかなと思います。
もちろんコースを全く知らずに完全なる妄想で書くので、実際に戦略通り走れるわけがない!
というのは頭に入れてご覧くださいね。


1.最初の激坂区間はかなり頑張って踏む

美ヶ原の名物として、序盤に超激坂があるらしいのです。
今はどうか分かりませんが、昔は激坂がそれなりに得意だった僕。
そんな僕だからこそ、この激坂区間は頑張りたいと思うのです!

それに、激坂を乗り越えた先にある美鈴湖のほとりは比較的平坦らしいので、ここで良い位置に付けることが出来れば、平坦区間を速い集団に交じってクリアすることができます。
どうせその後の登りで千切られることが分かっていても、何とか美鈴湖まで付いていければそれなりに良いタイムが出るはず。
せっかく得意分野が序盤にあるのですから、ここで頑張るほかありますまい!


2.美鈴湖ではなるべく1人で走らず集団にくっつく

もう今回は事前に「寄生宣言」をしておきますよwww
やっぱり、絶対パワー的に平坦区間は1人で走ると死ぬことが確定しているので、集団に紛れ込んで引っ張ってもらおうかなと。
もちろん、ローテーションを要求されたらちゃんと回りますよ。
(´-`).。oO(疲れた振りしてすぐ下がるけどな)

激坂を抜けた時点で1人になってしまった場合は、少し緩めてでも後ろを待とうかなと思っています。
本当は前の集団に追いつければいいんですが、登りで離されているのに平坦で追いつくのは絶対無理なので。
とにかく、「美鈴湖では誰かと一緒に走る」ということを肝に銘じて走りまする。


3.武石峠まではマイペースで

美鈴湖を抜けてから武石峠に至るまでの道は、(ルートラボを見る限りでは)かなり本格的な登り。
ここはマイペースで走りたいと思います。
ただ、武石峠を抜けたあとの区間を考えると集団にいた方が良いのは間違いないので、多少オーバーペースや逆に遅めのペースでも、それが“多少”であるなら集団で走りたいと思います。
車坂峠の時のように、ペースが合う人がいなかったら無理に付いていかず、1人で走ります。


4.最後の平坦&下り区間は集団で走る

美ヶ原の特徴として、最後に長い平坦&下り区間が用意されているんですよね。
美鈴湖同様、ここも1人で走るのは圧倒的に不利なので、なんとか良い集団を見つけてクリアしたいと思います。

また、最後の最後に1kmほどの登りがあるっぽいのですが、そこはもちろん全エネルギーを出し切ってゴールする所存でございます。



IMG_20160515_102113

以上がルートラボと去年の参加者のブログを見ただけで考えた戦略でございます。
まあ、事前に考えた戦略なんて余程の実力が無い限りその通りになりませんし、そもそも自転車に乗り始めて以来の絶不調がちょうど来ている僕にとっては「戦略以前に完走することを目標にしろ」って感じです。


(´-`).。oO(そもそも俺、当日深夜2時くらいに起きられんのか……?)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【レーシング3】6/20 青木峠練習【ファーストインプレッション】

IMG_20170620_063409-2

今朝の青木峠練習でレーシング3を初使用したので、まずは1回乗った時点でのインプレッションを書いてみたいと思います。

まず、漕ぎ出しはハッキリ言って軽くないです。
よく、鉄下駄からちょっと良いホイールに変えた時に言われる「漕ぎ出しから違う! 軽い!」というのはありませんでした。
まあ、これはフレームやタイヤも影響しているのかもしれませんが。
そうそう、今回タイヤは鉄下駄と全く同じ物を使っているため、そこで差は出ませんのでご安心を。

次に巡航ですが、これも最初「鉄下駄と比べてどのくらい違うんだろう~(ワクワク」とか言って適当に踏んでる時は鉄下駄とほとんど変わりませんでした。
26km/hくらいまでは鉄下駄と変わりませんね。

しかし、ちょっとパワーを上げると状況は一変。
いつも28km/hくらいで走っているところで31km/h、36km/hで走っているところで44km/hと大幅にスピードアップしました。

やはり、剛性が高いホイールの宿命として、「踏まないとスピードが出ない」のでしょうね。
逆に言っちゃうと、踏めば踏むほどスピードが上がっていくということでもあります。
鉄下駄は踏んでも踏まなくてもそこまでスピード差は出なかったので面白いです。
中村龍太郎さんらが仰っていた「剛性が高い機材は使う人のパワーが高くないと使いこなせない」っていうのはこういうことなんでしょうね。
踏まれれば踏まれるほど力が出るってなんか俺みたいだな。

あっでも、よく言われる「ギア2枚分軽くなる」ってのは特に感じなかったですね。
登りも平地もちゃんと踏めばもしかしたら2枚分軽くなるのかもしれませんが、決してヒルクライムが楽になるとかはないです。
結局はちゃんと踏まなきゃいけないので。

続いてハブの性能ですが、これも鉄下駄と比べると凄まじい差があると思います。
「ペダリングを止めてもあまりスピードが落ちない! 凄い!」ってなりましたから。
近年ゴキソのホイールが天下を獲り始めていることから分かるように、ハブの性能というのはホイール重量に負けず劣らず重要な要素となってきましたので、このパーツの大幅パワーアップは嬉しい限りです。

そして地味に嬉しい点として、振動吸収性が鉄下駄と比べてかなり高いです。
今まで「ガッタンガッタンドッカンドッカン」となっていたところが、レーシング3では「ガタガタガタガタ」くらいで済みます。
これはロングライド時の疲労軽減にも役立ちますし、路面状況を気にせず全力で踏めるという点ではTTやレースでも役に立ちます。
今までは「剛性が高いホイール=振動を拾いやすく乗り心地が悪いホイール」と捉えていたので、これは嬉しい誤算です。

そして最後に1つ。
鉄下駄と比べて下りがクッソ遅いwwwww
そうなんです、鉄下駄は圧倒的なリムの重さを活かしてダウンヒルで超加速が出来るんですよ。
しかし、その超加速がストレートな道だけなら良いんですが、残念ですがカーブでも容赦なく超次元加速してしまうんですね。
その場合どうなるかというと、大きく膨らんで曲がるか、もしくはコーナリング中にブレーキを使わなくてはいけません。
前者は公道では絶対やってはいけませんし、後者もやってはいけないことの筆頭です。
でもブレーキかけてコーナリングをクリアしないとちゃんと曲がれないんだから仕方ありませんよね。

一方、レーシング3はそういった変な加速が無いため、ブレーキもかけず、膨らみもせずコーナリングを綺麗に走ることが出来ます。
この曲がりやすさには驚きましたね。
直線の道でスピードを出したければペダルを踏めばいいだけの話ですし、スピードは出にくいけど曲がりやすいホイールの方が絶対良いと思います。

というわけで以上のことをまとめると、

・漕ぎ出しは別に軽くない
・流すだけでは鉄下駄と変わらない
・しかし踏むと一変、凄まじく加速していく
・つまり踏まないとスピードが出ない
・ハブ性能も良い
・振動吸収性も良い
・下りは遅い、でもその分コーナリングは神


って感じですね。
もっと簡潔に、一言で言うと「めっちゃ良いホイール」です。

IMG_20170620_052622-2

IMG_20170620_060018-2

白を基調としたデザインもかっこいいですしね。
不評な白色のハブも、フォークが白だとピッタリです。


というわけでレーシング3のインプレは一旦置き、ひとまず練習日誌へ。
どれだけレーシング3が凄いかは、練習日誌でも触れますので、そのままどうぞ。


IMG_20170620_063342

レーシング3の初陣はやっぱりホームの青木峠。
気になるタイムは、今までのベストより4秒速い29:03

……えっ?
ホイールで600gも軽量化して、しかも記事前半であれだけレーシング3を絶賛しておきながらベストよりたったの4秒速いだけ?
やっぱりホイールが良くなったところでヒルクライムのタイムは変わらないじゃないか!

と思われたかもしれません。
しかし、今日のコンディション・条件でこのタイムはめちゃくちゃ凄いのです。
どれだけ悪条件が揃っていたかというと、

1.前日に寝違えて脚がバキバキ

前日に変な体勢で寝たせいか、起きた時からずっと脚が痛かったんですよ。
どのくらい痛かったかというと、買い物のためにママチャリ乗ったら脚を攣ったレベルです。
皆さんなかなか無いでしょ、ママチャリ乗って脚攣ること。
それくらいバキバキですから当然本気で踏んだら脚攣ってその場で心肺停止しておうちに帰れません。
そんな中出たタイムってことを考えるとめちゃめちゃ凄いです。

2.無風

旧ベストタイムはちょこっと追い風の恩恵を受けたものでした。
しかし、今日は珍しく全くの無風。
追い風か向かい風かでタイムが2分~3分変わってくる青木峠において、無風でこのタイムは凄いのです。

3.使いたい筋肉の使い方を忘れる

1週間間隔が空いただけで、まさか使いたい筋肉の使い方を忘れているとは思いませんでしたね。
具体的に言うとお腹の筋肉なんですが、こんな重要な筋肉の使い方を忘れるとか10年くらい自転車から遠ざかっていたんかお前っていう感じです。

4.そもそも徹夜明け

徹夜明けで峠TTをする時点で頭おかしいんですが、それでこんなタイムが出たんだから仕方あるまーい。


こんな絶不調の中、ベストタイムを平気で出しちゃうレーシング3って凄くないですか。
半端ないですよね。
だって、「えっ、こんなしか踏んでないのにこのタイムが出ていいんですか!?」って登った後思いましたもん。
ぶっちゃけた話、風向きと調子次第であと1分くらい普通に縮むと思います。

いやー、とにかく本当にレーシング3は凄い!!!


【走行データ】
総合時間:2:00:21
実走時間:1:50:35
走行距離:45.5km
平均速度:24.7km/h
最高速度:50.8km/h
獲得標高:996m


「下りでスピードが出ない&脚が死んでるからスプリントが出来ない」の二重苦が重なって最高スピードがかなり低いです。
平均速度はまあまあ速いですが、何度も言っている通り脚が死んでいてこれなので、フレッシュな状態ならもしかしたら26km/hくらい行くんちゃうかなこれ。

最後になりますが、レーシング3めっちゃ良いです!
これで練習頑張って、嬬恋ヒルは調整もバッチシ決めて、良い成績を残すぞ!


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ついったー
最新コメント
プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ