IMG_20160526_073832

※写真は記事やブログにアクセスしていきなり傷口画像が表示されるという事故を防ぐためのものであり、内容とは一切関係ありません。


というわけで、3月末に落車してから昨日でちょうど2ヵ月。傷口が今どうなっているかをお見せいたしましょう。野郎の生足を晒すということでかなりゴテゴテに修正していますが、それでも嫌な人は嫌だと思うので、ブラウザバックを推奨いたします。また、ほとんど治ったとはいえ一応まだ傷跡だと分かる程度には残っているので、念のためグロ注意です。


























IMG_20160528_010927~2edit

こんな感じになっています。痛みや違和感などは一切ありませんが、相変わらず見た目だけは一向に良くなる気配がありません。まあ、こんなところ人に見られることありませんし、自分でもなかなか見ないから全く気にならないんですけどね。


落車直後に発症した下り恐怖症は流石にもう治りましたね。とはいえ、それ以降下りで無駄にスピードを出すことは避けています。ペダルはなるべく回さず、位置エネルギーだけで下っている感じです。レースでもない限り、下りで命をかける必要は無いかなと。

下りといえば、昨日のジロではマリアローザのクライスヴァイクがチマコッピの下りで落車してここまで頑張ってきたのが水の泡になりましたし、ザッカリンも最初は「これ死んでるんちゃう!?」って心配になるくらいの落車をしていましたね。そして今日はついに第20ステージ、泣いても笑っても最後の戦いになります。放送開始の20:00までには帰ってこれませんが、マッハで帰宅して世紀の激闘を見守りたいと思います。

話を元に戻しますと、落車した直後に発症したもう1つの恐怖症、「白線恐怖症」は未だに少しありますね。よく知っている道でもない限り、昔のように白線をトレースしながら走るっていうことはまだ出来ないです。しかしいつまでも引きずっていくわけにはいかないので、時間をかけてでも治していきたいです。


そこのモテモテな君たち! 脚にいつまでも傷が残っていると、女の子とあんなことやこんなことやムフフでグフフなことをするときにみっともないぞ! だから安全には気を付けて自転車を楽しんでな! 俺っちは生涯童貞だから関係ないけど。


ポチッとお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ