先日、スーパーで買ったイカフライの栄養成分表を見ておったまげました。


20141021-131638-2683[1]

左側が少し見切れてしまっていますが、100g当りの栄養が載っています。注目してほしいのは蛋白質13.7gという数字。筋トレマニアの方ならピンとくるかもしれませんが、100g当り13.5gの蛋白質含有量はそこそこ優秀な数値だと言えます。流石に鶏肉などには敵いませんが、よほど好きじゃない限り毎日は食べられないでしょうし、そんなときに選ぶ食品の有力候補になるのではないでしょうか。

と言いますのも、私は唐揚げを毎日食べても飽きない人種なのですが、長野県のお惣菜売り場にある唐揚げが辛すぎて、流石の私でもこれを毎日はちょっとキツイかな……と思っていたのです。しかしタンパク質は摂りたい、そんなときに私の前に現れたのがこのイカフライだったというわけです。これはタレが甘めに味付けされているということもあって食べやすく、唐揚げとこれをローテーションすれば無理なくタンパク質を摂取出来そうです。

ちなみに、長野県には唐揚げの亜種ともいえる山賊焼きという食べ物があるのですが、これまた非常に美味しいんです。しかし、これもまた例に漏れずめちゃめちゃ辛い……。唐揚げに輪をかけて辛い……。というような食品事情ですから、薄味というだけで嬉しかったりしますね。


厚労省がインターネット上で国民健康・栄養調査の結果を公開しており、それを見る限り男性長野県民の食塩摂取量は堂々の全国2位! 女性に至っては1位タイという素晴らしい結果を残しています。(男性女性どちらも1位は岩手県)

これが何を意味しているかというと、長野県民はとにかく塩っ辛いものを好むということを明示しています。私は東京育ちですが、味覚は関西の薄味文化で育ちましたから、急激な変化に体がついていけていないのが現状です。自分で肉を焼いて食べれば解決する話ですが、プロパンたけえんだよ! マジで都市ガスの倍くらいかかるわ!


というわけで話が少し脱線してしまいましたが、良質なタンパク元だということに加え、食べやすい味付けがなされているイカフライは素敵だということを伝えたかったのです。みんなもイカを食べようじゃなイカ。


ポチッとお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ