IMG_20160321_092531~2

iPhone5でスマホデビューを果たした自分ですが、現在はAndroidに鞍替えしてNexus5を使っています。2年縛りが切れたときにそのまま新型iPhoneにしても良かったのですが、ガジェット好きとしてはどうしてもiOS以外を使ってみたかったのです。旧ブログの終盤でご紹介したので、覚えている方も中にはいらっしゃると思います。

その後iPhone5はどうなったのかというと、今の今までずっと押し入れの奥で眠っていました。しかし、SIMカードが刺さってないとはいえ、それでもiPhoneはまだ尚ハイスペックで優秀な端末ということに変わりはありません。何かに利用出来ないかなぁと常に考えておりました。




Strava_Logo

そこで思い出したのが、Stravaの存在。Stravaに関しては、またそのうち記事を作ろうと思っているのでここでは説明を割愛させていただきます。

セレブな皆さんはこのStravaのログ取得をガーミンでやっている人が多いと思いますが、私にはとてもガーミンを買える資金がありません。

しかし、そんな高級機材を買わなくても、この私のSIM無しiPhone5でもログを取り、Stravaに走行記録を残せるのです! そうと分かれば、早速iPhone5をロードバイクに取り付けられるマウントを購入しましょう。




IMG_20160318_093002~2

世の中にはスマホホルダーが溢れていますが、三日三晩寝ないで調べたところ、どうやら俺にはこのiH-400が合ってそうだという判断に至りました。MINOURA製スマホホルダーは他にも4種類くらいあるので、皆さんに合ったものをお選びください。


IMG_20160318_093015~2

スタンダードとオーバーサイズの2種類がラインナップされており、私はオーバーサイズを購入。ステムに付けるにしろハンドルに付けるにしろ、恐らくロードバイクに付けられるのはほぼ全てオーバーサイズだと思われます。心配なら念のため計ってくだされ。






IMG_20160318_093048~2

全く関係ありませんが、MINOURAって岐阜県の企業なんですね。岐阜県行きてぇ。







IMG_20160318_102013~2

最初の状態では注意書きのシールが書かれていますので、これを剥がします。



IMG_20160318_102219~2

じゃん!
左右からだけではなく、下にもガードがありますので頑丈そうですね。ちなみに、端末と接触する部分はスポンジで出来ていますので、傷が付く可能性も少なそうです。




IMG_20160318_102330~2

商品の注意書きにも書いてありますが、そのままの状態ではiPhone5が薄すぎて固定出来ませんので、付属の追加スポンジを貼り付けて厚みを加えます。



IMG_20160318_103821~2

IMG_20160318_104029~2

ペタっとな。


お次はiPhone5本体を用意します。
IMG_20160318_102534~2

放置されていたので少し汚れていますが、それでも漂うカッコよさはiPhoneならではですな。やはりデザインに関してはApple強しです。


IMG_20160318_102638~2

IMG_20160318_102725~2

そのイケメンデザインを見せびらかすために裸で使いたいのは山々なんですが、更に厚みを加えさせることと、万が一落下したときの保険のためにケースを付けます。しかし、この美ら海ケースもかなり思い入れがある物なので、むしろこれと共にサイクリングが出来るのは喜ばしいことです。

そういえばウチのiPhone5はやけに頑丈だったな……ということを、ケースを付けながら思い出しました。数々の武勇伝の一部を紹介させていただくと、
・耐水じゃないのに池ポチャに耐えた
・耐水じゃないのに牛乳ポチャに耐えた
・耐水じゃないのにウェアの後ろポケットで汗に水没しても壊れない
・耐衝撃じゃないのに持ち主に落とされまくる
・それなのにケースを付けようとしないバカな持ち主に元に生まれてしまった




なんだ、まあ、ほんとゴメン。




IMG_20160318_104456~2

IMG_20160318_104447~2

先ほどのケースにiPhoneをセットするとこんな感じ。相当ガッチリ固定されています。こりゃ安心できますな。

ただ、1つ注意したいのが、しっかり固定するにはかなり力を入れないとダメというところ。これ、非力な女性には少しツライかもしれません。私も女性並みの握力しかないので(約30)、取り付けるのに一苦労します。あまり頻繁に取り外しするものじゃないからいいんですけどね。

この製品だったかは忘れましたが、Amazonのレビューであった「走ってたらすっぽ抜けた」というのは、しっかりと固定してなかったからだと思います。とはいえ、私も軽度の強迫性障害じゃなかったらユルいまま走ってすっぽ抜けているところでした。ご購入の際にはお気を付けください。





IMG_20160318_103007~2

IMG_20160318_103127~2

固定された端末を外す方法は、この赤いボタンを押すだけです。ここでパワーは一切必要ありません。ひょいと押してやると簡単に左右の固定器具が解除されます。

私はこのワンプッシュ解除ボタンが決め手になりこの製品を買いましたが、やはり想像通りの便利さがあります。この機構は全てのMINOURA性スマホホルダーに搭載されているわけではないので、この機能が欲しい方にはiH-400、オススメです。





IMG_20160318_110007~2

スペーサーが付属しているので、色々な太さのステムやハンドルに取り付け可能です。ピッタリじゃなくてもネジの締め付け具合でいくらでも調整出来るので、あまり心配はいりませんよ。


あとはマウントをロードバイクに取り付けていくだけです。
IMG_20160318_111959

IMG_20160318_112350~2

IMG_20160318_113345~2

不器用な私でも全く問題なく取り付けられました。数本のネジだけで取り付けられますし、組み立てに必要な六角レンチは付属しているので工具なども必要ありません。取り付け終わったとき、簡単すぎワロタという言葉が自然に出てくる程度には簡単です。






IMG_20160318_104617~2

IMG_20160318_104722~2

あとはこの命綱ゴムを付けるだけなのですが……


IMG_20160318_113521~2

残念ながらサイコンが干渉して後ろには付けられませんでした。幸い、前にも付けられるようになっているのでそちらに付けました。こういう細かいところも配慮してくれるところが高ポイントですな。



というわけで完成体がこちらになります。
IMG_20160318_113559~2

写真を見ただけだとサイコンが見えないんじゃないかと思われるかもしれませんが、実際は全く問題なく見られます。全てが干渉することなく役割を全うする。そこには1つの芸術品がありました。


既に何回か実戦で使い、凄まじい悪路のダウンヒルもやりましたが、すっぽ抜ける気配は一切ありません。少し値段はしますが、ガーミンをはじめとした高いサイコンを買う金額に比べたら可愛いもんです。これでようやく憧れのStravaで遊ぶことが出来ます!

というわけで「MINOURA iH-400-OS」、とても良い買い物でした。皆さんも使わなくなって押し入れの奥で眠っているスマホ、サイクリングの場で再び活躍させてみませんか?


ポチッとお願いいたします。(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ