IMG_20170620_063409-2

今朝の青木峠練習でレーシング3を初使用したので、まずは1回乗った時点でのインプレッションを書いてみたいと思います。

まず、漕ぎ出しはハッキリ言って軽くないです。
よく、鉄下駄からちょっと良いホイールに変えた時に言われる「漕ぎ出しから違う! 軽い!」というのはありませんでした。
まあ、これはフレームやタイヤも影響しているのかもしれませんが。
そうそう、今回タイヤは鉄下駄と全く同じ物を使っているため、そこで差は出ませんのでご安心を。

次に巡航ですが、これも最初「鉄下駄と比べてどのくらい違うんだろう~(ワクワク」とか言って適当に踏んでる時は鉄下駄とほとんど変わりませんでした。
26km/hくらいまでは鉄下駄と変わりませんね。

しかし、ちょっとパワーを上げると状況は一変。
いつも28km/hくらいで走っているところで31km/h、36km/hで走っているところで44km/hと大幅にスピードアップしました。

やはり、剛性が高いホイールの宿命として、「踏まないとスピードが出ない」のでしょうね。
逆に言っちゃうと、踏めば踏むほどスピードが上がっていくということでもあります。
鉄下駄は踏んでも踏まなくてもそこまでスピード差は出なかったので面白いです。
中村龍太郎さんらが仰っていた「剛性が高い機材は使う人のパワーが高くないと使いこなせない」っていうのはこういうことなんでしょうね。
踏まれれば踏まれるほど力が出るってなんか俺みたいだな。

あっでも、よく言われる「ギア2枚分軽くなる」ってのは特に感じなかったですね。
登りも平地もちゃんと踏めばもしかしたら2枚分軽くなるのかもしれませんが、決してヒルクライムが楽になるとかはないです。
結局はちゃんと踏まなきゃいけないので。

続いてハブの性能ですが、これも鉄下駄と比べると凄まじい差があると思います。
「ペダリングを止めてもあまりスピードが落ちない! 凄い!」ってなりましたから。
近年ゴキソのホイールが天下を獲り始めていることから分かるように、ハブの性能というのはホイール重量に負けず劣らず重要な要素となってきましたので、このパーツの大幅パワーアップは嬉しい限りです。

そして地味に嬉しい点として、振動吸収性が鉄下駄と比べてかなり高いです。
今まで「ガッタンガッタンドッカンドッカン」となっていたところが、レーシング3では「ガタガタガタガタ」くらいで済みます。
これはロングライド時の疲労軽減にも役立ちますし、路面状況を気にせず全力で踏めるという点ではTTやレースでも役に立ちます。
今までは「剛性が高いホイール=振動を拾いやすく乗り心地が悪いホイール」と捉えていたので、これは嬉しい誤算です。

そして最後に1つ。
鉄下駄と比べて下りがクッソ遅いwwwww
そうなんです、鉄下駄は圧倒的なリムの重さを活かしてダウンヒルで超加速が出来るんですよ。
しかし、その超加速がストレートな道だけなら良いんですが、残念ですがカーブでも容赦なく超次元加速してしまうんですね。
その場合どうなるかというと、大きく膨らんで曲がるか、もしくはコーナリング中にブレーキを使わなくてはいけません。
前者は公道では絶対やってはいけませんし、後者もやってはいけないことの筆頭です。
でもブレーキかけてコーナリングをクリアしないとちゃんと曲がれないんだから仕方ありませんよね。

一方、レーシング3はそういった変な加速が無いため、ブレーキもかけず、膨らみもせずコーナリングを綺麗に走ることが出来ます。
この曲がりやすさには驚きましたね。
直線の道でスピードを出したければペダルを踏めばいいだけの話ですし、スピードは出にくいけど曲がりやすいホイールの方が絶対良いと思います。

というわけで以上のことをまとめると、

・漕ぎ出しは別に軽くない
・流すだけでは鉄下駄と変わらない
・しかし踏むと一変、凄まじく加速していく
・つまり踏まないとスピードが出ない
・ハブ性能も良い
・振動吸収性も良い
・下りは遅い、でもその分コーナリングは神


って感じですね。
もっと簡潔に、一言で言うと「めっちゃ良いホイール」です。

IMG_20170620_052622-2

IMG_20170620_060018-2

白を基調としたデザインもかっこいいですしね。
不評な白色のハブも、フォークが白だとピッタリです。


というわけでレーシング3のインプレは一旦置き、ひとまず練習日誌へ。
どれだけレーシング3が凄いかは、練習日誌でも触れますので、そのままどうぞ。


IMG_20170620_063342

レーシング3の初陣はやっぱりホームの青木峠。
気になるタイムは、今までのベストより4秒速い29:03

……えっ?
ホイールで600gも軽量化して、しかも記事前半であれだけレーシング3を絶賛しておきながらベストよりたったの4秒速いだけ?
やっぱりホイールが良くなったところでヒルクライムのタイムは変わらないじゃないか!

と思われたかもしれません。
しかし、今日のコンディション・条件でこのタイムはめちゃくちゃ凄いのです。
どれだけ悪条件が揃っていたかというと、

1.前日に寝違えて脚がバキバキ

前日に変な体勢で寝たせいか、起きた時からずっと脚が痛かったんですよ。
どのくらい痛かったかというと、買い物のためにママチャリ乗ったら脚を攣ったレベルです。
皆さんなかなか無いでしょ、ママチャリ乗って脚攣ること。
それくらいバキバキですから当然本気で踏んだら脚攣ってその場で心肺停止しておうちに帰れません。
そんな中出たタイムってことを考えるとめちゃめちゃ凄いです。

2.無風

旧ベストタイムはちょこっと追い風の恩恵を受けたものでした。
しかし、今日は珍しく全くの無風。
追い風か向かい風かでタイムが2分~3分変わってくる青木峠において、無風でこのタイムは凄いのです。

3.使いたい筋肉の使い方を忘れる

1週間間隔が空いただけで、まさか使いたい筋肉の使い方を忘れているとは思いませんでしたね。
具体的に言うとお腹の筋肉なんですが、こんな重要な筋肉の使い方を忘れるとか10年くらい自転車から遠ざかっていたんかお前っていう感じです。

4.そもそも徹夜明け

徹夜明けで峠TTをする時点で頭おかしいんですが、それでこんなタイムが出たんだから仕方あるまーい。


こんな絶不調の中、ベストタイムを平気で出しちゃうレーシング3って凄くないですか。
半端ないですよね。
だって、「えっ、こんなしか踏んでないのにこのタイムが出ていいんですか!?」って登った後思いましたもん。
ぶっちゃけた話、風向きと調子次第であと1分くらい普通に縮むと思います。

いやー、とにかく本当にレーシング3は凄い!!!


【走行データ】
総合時間:2:00:21
実走時間:1:50:35
走行距離:45.5km
平均速度:24.7km/h
最高速度:50.8km/h
獲得標高:996m


「下りでスピードが出ない&脚が死んでるからスプリントが出来ない」の二重苦が重なって最高スピードがかなり低いです。
平均速度はまあまあ速いですが、何度も言っている通り脚が死んでいてこれなので、フレッシュな状態ならもしかしたら26km/hくらい行くんちゃうかなこれ。

最後になりますが、レーシング3めっちゃ良いです!
これで練習頑張って、嬬恋ヒルは調整もバッチシ決めて、良い成績を残すぞ!


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ