IMG_20170517_105138

昨日は青木峠練習に行ってきました。



IMG_20170517_110036

1週間ぶりにロードバイクに乗りましたが、なんとなく調子(と風向き)は良さそうな感じ。
サドルの向きを修正してもらったおかげか、ペダリングもしやすいような気がします。

また、現在開催中のジロ・デ・イタリアを見て気が付いたことをいくつか体に落とし込んでみました。
特にゲラント・トーマスの走りを見て背中の使い方について少し分かった気がするのですが、果たして青木峠TTで効果は表れるのか、といったところです。



IMG_20170517_114558

というわけで登ってきました青木峠。
タイムは29:27から信号で止まった20秒を引いて29:07!

車坂峠HC直前というこのタイミングでついに30分切り達成でございます!
また、前々回に出したマイベストタイムが30:04だったので、一気に1分近くも短縮したことになります。
あれおっかしいな、前々回も当時のベストタイムを2分更新したんだけどな。
今年に入ってから4分近くもベストタイムを更新している、まさに絶好調なごごうるでございます。

まあ、風速1mちょいの微風とはいえ、ほぼ全区間追い風だったのが大きく影響しているとは思いますけどね。
しかし、それ以外にもちゃんと理由はあると思います。
だって、風の恩恵なら前々回の時の方が大きく受けましたからね。

というわけで、考えられる理由は3つ。

まず1つ目は、背中の使い方が上手くなったこと。
先ほども書いたとおり、ゲラント・トーマスの走りを見てなんとなく「あっこういうことかな」ということに気が付いたんですよ。
流石にまだ背中を完璧に使いこなせてるとは思いませんが、これで少しは上手くなったかなと思います。
ちなみに、今までシッティングでもがく時のフォームもGを参考にしていたのですが、まさかこんなところでも彼が参考になるとは……。
やはりトラック出身の選手はフォームが綺麗なんですね。

そして2つ目の理由は、スプロケ交換により機械抵抗が減ったこと。
クランクを思い切り逆回転させると、以前のスプロケより明らかに回転の滑らかさが違います。
間違いなくパワー伝達効率が良くなっていますね。
「きっとホイールをグレードアップさせた時の感動ってこんな感じなんだろうなぁ」と思いましたww
まあ、スプロケとチェーンはパワーを直接推進力に変えるところですから、グレードアップさせたらそりゃ違いを感じるわなって話です。

最後に3つ目は、スプロケとブレーキ交換によりバイク重量が200gも軽くなったこと。
お前あんな小さいパーツ変えるだけで200gも変わるとか今までどんな重い物を使ってたんだって話ですが、正直僕も驚いています。
バイクを持ち上げて階段を昇り降りするときも、明らかに重さが違いますからね。
たった200gでここまで変わるとは、軽量化沼にハマる人たちの気持ちが少し分かった気がしました。



IMG_20170517_114713

というわけで新しく生まれ変わったふぇるたんの姿がこちら。
流石にスプロケとブレーキが変わっただけじゃ、見た目的には何も変わりませんね。

(余談ですが、ふぇるたんの命名者であるterucさんの旧ブログが消えてて少し焦りました。ワンクリックで消えちゃうらしいので、皆さんも好奇心でポチッとしちゃダメですぞ!)




IMG_20170517_122009

IMG_20170517_122026

その後は青木峠の下り道の途中から修那羅峠へ。
修那羅峠は平均勾配は多分8%くらいあるので、新しく導入した28Tの感触を確かめたかったのです。
実際に8%前後の坂を28Tで登ってみた感想としては、もしかしたら少し軽すぎるかもしれません。
FTPの80%くらいのパワーでもケイデンス80rpmくらいを維持できたので、100%で踏んだらもしかしたら少し軽いかもなーというのが正直な感想です。
まあ、車坂峠は8%どころか12%くらいある部分もちらほらありますし、なにより50分くらい踏み続けなくてはいけないことを考えると、これくらいがちょうどいいのかもしれません。


【走行データ】
総合時間:2:30:46
実走時間:2:11:34
走行距離:50.1km
平均速度:22.9km/h
最高速度:54.4km/h
獲得標高:1,141m


本当は今日も乗る予定だったのですが、変に乗ってこの絶好調な状態が崩れたら嫌だなということで、あえて乗りませんでした。
機材といいこの絶好調といい、どうやら言い訳が出来ないくらい良い状況になってしまったので、せめて55分切れるくらいには頑張ってきやす。


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ