_SL1056_

全く練習していないのでブログのネタがありません。
というわけで、困った時は音楽ネタ。
今回は、僕がよく聴くアルバムの紹介をしていきたいと思います。

ちなみに、僕は元々音楽をよく聴く人間なのですが、ローラー台で練習するようになってから音楽を聴く時間が更に長くなりました。
アルバムって40分~60分前後のものが多いじゃないですか。
このくらいの時間ってローラー台練習にはちょうどいいんですよね。

だからこの5ヶ月で本当にたくさんの音楽を聴きました。
そんなわけで、これからネタが無いときは、練習をしながら聴いていたアルバムの感想を書いていきますね。
ただ、あくまで“感想”なので、批評的要素は薄めです。
雑誌や批評家さんが書いたようなものではないのでご注意を。

というわけで第1弾はこれ。

【Definitely Maybe】

1. Rock 'n' Roll Star
2. Shakermaker
3. Live Forever
4. Up In The Sky
5. Columbia
6. Supersonic
7. Bring It On Down
8. Cigarettes & Alcohol
9. Digsy's Diner
10. Slide Away
11. Married With Children



皆さんご存知、OASISのデビューアルバムです。
どうです、第1弾に相応しいでしょう。

アルバム全体の感想としては、「OASISの基礎・下地・魂が詰まったアルバム」といった感じでしょうか。
もっと突っ込んで言えば、「OASIS史上最もOASISらしいアルバム」だと思います。

特に、

Rock 'n' Roll Star「Tonight, I'm a rock 'n' roll star.」

Live Forever「You and I are gonna live forever.」

Supersonic「I need to be myself. I can't be no one else.」

の3つの歌詞は、OASISというバンドがどのようなバンドなのかよく分かるものだと思います。
自分という存在を卑下せず、誇大もせず、ただありのままの姿を見つめるのだけど、自分の可能性を決して否定せず、自分の全てを前向きに肯定するのがOASISというバンドなんですね。
OASISというか、ギャラガー兄弟の性格ですね。

そんなOASIS(ギャラガー兄弟)の色が最も出ているのが、このDefinitely Maybeです。
OASIS最大のヒットアルバムである2ndや、評価が芳しくない3rd、そしてそれ以降のアルバムももちろん全て大好きなのですが、やっぱり最もOASISらしいのはこの1stだと思います。
よく「1stを聴いて何も感じなかったらお前にOASISは合わない」と言われるほどです。

また、OASISとは切っても切れない関係であるリアム・ギャラガーの声ですが、今作ではまだ1ミリもゲロっておらず、一切の穢れが無い声と言ってもいいくらいです。
特にSlide AwayとLive Forever、Married With Childrenのボーカルは素晴らしいですね。
恐らくリアム史上最も喉の調子が良かったのがこの1stの頃だと思います。
Live Foreverでは珍しく裏声なんかも使っちゃってますしね。
Married With Childrenのような落ち着いた優しい声が聴けるのも1stだけです。

その他にも、とてもとても素晴らしいドラムや、間違いなくラリっている時に書いただろうなと思わせる曲など、見どころ(聴きどころ?)はたくさんあります。
OASISというバンドが持つパワーや哲学をフルに感じたいのならぜひ聴いてみてください。
ちなみに、アルバムを通しで聴くと52分なので、15分のメディオを2本やる時なんかはちょうど2本目が終わる頃に曲も終わりますよ。


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ