IMG_20161112_161923
スピードやケイデンスを計測し、Bluetoothでスマホ等の端末に送ることができる「PanoBike Speed & Cadence Sensor」を買ったので、今回はその紹介になります。



IMG_20161112_162524
入っているものはこんな感じ。



IMG_20161112_163213
まずはケイデンスを計ることができるマグネットを取り付けましょう。
説明書によると、このようにマグネットとマグネットホルダーを合体させ、それをクランクの裏側に取り付けろとのこと。




IMG_20161112_224051
こんな感じです。
がしかし、なんかこれだけだと固定力が弱いように感じます。
これで田舎の悪路を走ったら17秒後にはどこかに落としてしまうでしょう。



IMG_20161112_224120
そこで、マグネットホルダーと合体させずに、直接マグネットをくっ付けてみました。
これがなかなかの大成功。
もう取れる気配がありません。
核爆発にでも巻き込まれない限り大丈夫そうです。



IMG_20161112_222721
続いて、「Pano Bikeの顔」とも言えるセンサーを取り付けます。
写真だと伝わりづらいんですが、質感とか結構お上品で好きです。



IMG_20161112_224846
左側のチェーンステーにタイラップで取り付けます。
ところでこの写真、触覚がピョンと伸びてる虫みたいで可愛くないですか?
君なら分かってくれるはずだ。



IMG_20161112_225724
最後はスポークにスピードセンサーマグネットを取り付けて作業完了。



IMG_20161112_225802a
説明書にも書いてありますが、虫さんセンサー本体をケイデンスマグネットとスピードマグネットが通るように取り付けましょう。
なおかつ、面倒なことに各マグネットとセンサー間は25mm以内じゃないといけないので、その辺は何度も調整を繰り返してください
取り付ける自転車にもよりますが、僕のロードバイクの場合、センサー本体をかなりホイール側に傾けないとダメでした。
そのため触覚がホイールと接触してしまい、泣く泣く切ることに(´;ω;`)ブワッ
私は大事な友(の触覚)を亡くしてしいまい、とても悲しんでいます。




IMG_2803
犠牲になった触覚のことは一旦置き、早速センサー類がちゃんとスピードやケイデンスを拾ってくれるかテストしてみましょう。
App Storeにて「PANO BIKE+」というアプリを探し、インストールしてください。
無料アプリですが、恐らくAndroid版は開発されていないっぽいので、Android端末しか持っていない人は泣いていいですよ。
また、すでにRuntastic PROなどを買っている人はそちらを使っても構いません。



IMG_2804
初期設定を済ませ、早速使ってみましたが、なんと表示されるのはケイデンスのみ……。

これは先ほども説明したとおり、スピードマグネットとセンサーが25mm以上離れていたことが原因でした。
そのため、センサーを傾けて調整をしたらスピードもバッチリ表示されるようになりました。


IMG_2806
よし、これで完了です。

しかし、今回「PanoBike Speed & Cadence Sensor」を買ったのは、このアプリを使いたいからではありません。
実はもう1つ、貧乏の極みであるこの僕に「お金を払ってまでもこのアプリを絶対使いたい」と思わせたアプリがあるのです。
それはまた明日の記事で……。


IMG_20161113_135222
わざとらしくチラ見せ。


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ