IMG_20161030_152700

先週からずっと言っていたローラー台用の防振ブロック。
改良に改良を(脳内で)重ねた末、ようやく胸を張って素晴らしいと言えるものが完成しました!
今日はそれの紹介になります。


ではまず、材料を用意しましょう。
用意するのは以下の6点。


IMG_20161030_145419

100均に売っていた防振粘着マット。
これをローラー台の脚の数だけ買います。
僕の場合は4つですので、お値段は432円でした。



IMG_20161030_145605

続きましてタイルをこれまたローラー台の脚の数だけ買います。
これまた4個買うのですが、1個あたりのお値段がなんと10円!
つまり4個買ってもたったの40円にしかなりません。
業務用ホムセン恐るべし。




IMG_20161030_145641

3つめはその名もズバリ防振ゴム。


IMG_20161030_145652

何種類かある中で最も分厚いものを買いました。
防振っていうのは基本的に分厚いのが正義だからさ。


IMG_20161030_145711

1つ365円なので、4つで1,460円になります。
少々値段が張りますが、この分厚さ、そして防振ゴムという名前を信頼して少し奮発しちゃいました。
小さいゴム1つに365円なんて馬鹿げていると思われるかもしれませんが、なんたって商品名が防振ゴムですし、防振性能に優れないはずがありません。
買いましょう(世紀末的ダイレクトマーケティング)



IMG_20161030_145831

4つめはコルクマット。
これを4分割して使うので、買うのは1枚だけでOKです。
さっき1つ365円のゴムを脳死状態で買ったのに、こんなところでケチるというところにこの男から漂う小物臭を感じずにはいられません。
お値段は98円。



IMG_20161030_145847

スポンジマットも買いましょう。
こちらも4分割するので買うのは1枚だけでOK。
お値段78円。




IMG_20161030_145927

最後にタイルカーペットを買います。
これも1枚だけでOK。
お値段398円。


というわけで、これら全てを合計すると2,506円になります。
4個作れてこのお値段は安い!
なお、これらの中には一部セール品が含まれております。
恐らくタイルを1枚10円で売っているホムセンはそうそう無いと思われますので、これより安く抑えるのは相当難しいと思います。
まあそこは何とかしてください。


では、早速購入した素材を組み立てていきましょう。

IMG_20161030_150707

IMG_20161030_151045

IMG_20161030_151331

まず、タイルカーペット、スポンジマット、コルクマットを4つにカットします。
綺麗に4分割する必要はありません。おおよそで大丈夫です。
僕も適当に「(切るのは)多分この辺だっ!」っていうノリで切りましたので。



IMG_20161030_152041

次に、防振ゴムの上にタイルを乗せましょう。


IMG_20161030_152046

奇跡的にサイズが同じだった図。



IMG_20161030_152319

組み立てた防振ゴムタイルをタイルカーペットの上に乗せます。
タイルカーペットは4分割してもこれだけ大きいのですから、節約とかそういう以前に1枚で十分なのです。
これで僕がただケチってそれぞれ1枚ずつしか買っていないというわけではないということが理解していただけましたかな。


IMG_20161030_152332

続いてその上からスポンジマットを置き、




IMG_20161030_152454

IMG_20161030_152533

そこに100均の防振マットを敷きます。
この防振マット、感触が非常に気持ちいいので遊ぶ用にもう1枚欲しいです。




IMG_20161030_152543

最後にコルクマットをかぶせて完成。
心配性な人はそれぞれのパーツを接着剤でくっつけてもいいと思います。
僕は面倒なのでやりませんでした。




IMG_20161030_152700

横から見るとこんな感じ。

振動を吸収するためには分厚さと固さ、クッション性が大事だということを音楽系のブログで見たので、それぞれのパーツがしっかりと自分の仕事を果たしているのがこの防振ブロックの素晴らしさであります。
タイルカーペット・スポンジマット・コルクマットは安定性とクッション性を担当、タイルは固さを担当、ゴムは全てを兼ね備えた絶対的エース、防振マットはプラシーボ効果担当です。
誰か1人でも欠けたらダメなのです。
6人全員が揃わないと力を発揮できないだなんてまるで……

ダメだ、良い例えが思い浮かばない。





IMG_20161030_163723

というわけで、空のペットボトルと1円玉を用意し、ちゃんと振動を吸収できているかの実験をしてみました。
これらを立てて、揺れたり倒れたりすれば振動を吸収できていないということですからね。

結果は「微動だにせず」でした。
凄いぞ俺っち(が作った防振ブロック)!


IMG_20161030_165351

また、ウチは床が振動するとお皿がカタカタ鳴るのですがそれも無し。
完全に振動を抑えることに成功いたしました。


IMG_20161030_160734

というわけで完全体となったウチのローラー台V270ちゃん。
生活スペースが大きく削られてしまいましたが、最低限風呂トイレに入れるスペースさえ確保されていれば問題ありません。
誰かが遊びに来ることも無いので問題ナッシングです。
これでいつでもロードバイクに乗ることができます。

本日、試しに1時間15分ほど乗ってみたところ、やはりローラー台は楽しいということが分かりました。
いつの間にか1時間以上経っていてビックリしたくらいです。
これでビデオや音楽があったら本当にいくらでも漕いでいられますね。
実走感覚が無いという意見もありますが、そもそも毎日ママチャリでジテツーしてるのでそちらも問題ありません。
完璧だ。


完璧だ。




完璧だッ!


※なおこの防振ブロックは、いついかなる状況でも全ての振動を吸収することを保証するものではありません。あくまで、ミノウラV270をごごうる家で使用するときに用いる場合は大丈夫だというだけです。「この記事どおり作ったら分厚いゴミができたぞ!」という苦情は受け付けかねますのでご注意ください。


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ