long7
昨日たまたま時間があったので、AbemaTVにてアニメ「ろんぐらいだぁす!」を見てみました。
自転車を題材にしたアニメってこれと弱虫ペダルくらいだと思うんですが、まだどちらも見たこと無いので、1回くらいは見ておこうかなーと。
今回はそれの感想になります。



long1
第3話の舞台は神奈川県のヤビツ峠。
ヤビツに行ったことないので分かりませんが、これはきっと実際にある風景なんでしょう。
先週まで作画崩壊だなんだと騒がれていましたが、なんだ、結構綺麗じゃんといった感想です。




long2

long3
主人公(名前は知らない)は小径車で、主人公のお友達っぽい子はクロスバイクでヤビツを登っていきます。
自転車の描写は丁寧で良いですね。高ポイントです。





long6

long7
初めてロードバイクを持ち上げて、その軽さに主人公が驚くシーン。
約12kgもあるロードバイクに乗っている自分としましては非常に心が痛むシーンでございます。
それにしてもこのバイクの持ち主女の子なのに落差すごいな。



で、この第3話だけ見た感想としましては、ぶっちゃけそんなに面白くないといったところでしょうか。
ていうか、僕が今のアニメに対して思っている悪いところが凝縮されたような感じでした。
具体的に言うと、

・登場キャラが女の子ばかり(萌え豚ホイホイ)
・みんな眼がクソデカい(バランス考えろバランス)
・あとめっちゃ幼く見える(これの主人公って何歳だと思う? 俺小学5年生くらいだと思ってたんだけど、なんと大学生らしいぜ)
・声優さんの演技が過剰すぎてキモイ(そもそもセリフが悪い説もある)

ろんぐらいだぁす! も自転車や風景の描写が綺麗な点は凄く良いと思うのですが(自転車って書きづらいしね)、いかんせんこれら全てが当てはまるとなんだかなぁと。
特に1つ目と3つ目は最近の風潮なんでしょうけど、流石に小学生に見える大学生はいかんでしょと思うのです。
それに、ちょっと前のアニメって女の子がメインでも、必ず1人か2人はそれを引き立てる男の子がいたしね。
まだ第3話しか見ておらず、原作も読んでいないのでこれから先どうなるかは分かりませんが、果たして男の子キャラは登場するのか……。する雰囲気が無いけど。

ちなみに、それら全てに目を瞑ってストーリーだけを見たとしても、正直微妙だと思います。
ヤビツで挫折→渋峠で見たロードに感動→ロード購入へという流れなのは理解できますが、そもそも初心者をいきなりヤビツに登らせるところが無理矢理すぎませんかね。
挫折をモチベにして次の展開に進む場合、1本の棒が音を立てて崩れていくという感じの挫折だと思うんですが、これだとダイヤモンドカッターで棒がスパンと切り落とされてるようにしか感じません。
「ほら、スッパリ切ってやったから早く立ち上がれよ、早くロード買えよ」っていうのはちょっと無理がある気がします。

まあ、「ほとんどアニメ見ないにわかがガタガタ言ってんじゃねえぞキモメン死ねカス二度とこんなクソブログ更新すんな」と言われるとその通りすぎて言い返せないんですけどね。
上記にあげた4つのことも、アニメを見てる(=お金を落としてくれる)人たちが求めているものであり、そういう人たちのニーズに合わせたものを作るのは当たり前っちゃあ当たり前の話です。
要するに何が言いたいかというと、折角の自転車アニメがつまんなくてちょっぴり残念でした。




long4

long5
そうそう、書き忘れていましたが、ふくらはぎの描写は凄く良いと思います。
やはり、自転車乗りは脚に対して厳しいですからね。

_人人人人人人人人人_
> ただの脚フェチ <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ