Wonderful "ROAD"


        ワンダフルな道を、ワンダフルなロードバイクで

今年出場するレースの告知でございますわ!

IMG_20160612_100730

去年の7月にブログで宣言した通り、今年はついにレースデビューを果たす予定でございますのよ。
もうすでに3つのレースにエントリー済みなので、今回はそのレースの告知でございますわ!

【1戦目】
<サイクリング・フェスティバルあさま車坂峠ヒルクライム大会>
日時:5月21日(日)
場所:長野県小諸市


1戦目は、去年から「必ず出てやりますわ!」と決めていた車坂峠ヒルクライム大会ですわ。

このレースを選んだ理由は、
 ・家から近いため何度も試走が可能
 ・コースが距離12km標高差1005mとかなり本格的
 ・自転車レースの中では最安レベルの参加費6000円
 ・乾友行さんをはじめとして強豪選手が多数出場するので勉強になる
の4つでございますわ。

早い話、「近所でレベル高いレースが安く開催されているんだから出ない手は無いでございますわ」ということでございますの。
まだ出場していないのにこんなことを言うのもおかしな話ではございますが、わたくし結構このレースに思い入れがございまして、ここで良い成績を残すために1年間練習を頑張ってきた節がありますわ。
ですから、悔いの無いように頑張ってきたいと思いますわ!



【2戦目】
<ツール・ド・美ヶ原>
日時:6月25日(日)
場所:長野県松本市


2戦目は大会規模が大きく、参加者のレベルも非常に高いツール・ド・美ヶ原でございますわ。
このレースに出場することを決めた理由は、先ほどの車坂ヒルクライム大会とほぼ同じでございますわ。

しかしながら、このレースを選んだ大きな理由が他にもう1つございますの。
それは、「自分のレベルを客観的に知ることができる」ということでございますわ。
このツール・ド・美ヶ原は、毎年非常に高いレベルが繰り広げられますの。
弱音を吐くわけではございませんが、ここで良い成績を残すのはとても難しいですわ。
しかし、そのようなハイレベルな大会に出場してこそ、自分のレベルを客観的に知ることができるとわたくしは思いますの。
ですから、このレースは「良い成績を残してわたくしの名を全国に広めますわー!」というおてんばごごうるではなく、「わたくしは全国上位○○%でございますのね。勉強になりましたわ。」という謙虚で真面目なお嬢様ごごうるで臨みたいと思いますわ。



【3戦目】
<嬬恋キャベツヒルクライム>
日時:9月3日(日)
場所:群馬県嬬恋村


3戦目はちょっと特殊なレースである嬬恋キャベツヒルクライムでございますわ。
何が特殊かと言いますと、このレース、普段は自動車専用道路である万座ハイウェーを1日限定で使用するレースでございますの!
ターンパイク箱根を走る箱根ヒルクライムみたいなものだと思っていただいて結構ですわ。

このレースを選んだ理由もほとんど車坂峠ヒルクライム大会と同じですわ。
1つ違うのは、レースのレベルがそこまで高くない(と思われる)ことでございますわ!
まだ歴史も浅いでございますし、コースも初心者向け、知名度も高くございませんわ。
そして何より、開催日がマウンテンサイクリングin乗鞍の翌週ということで、日本屈指のクライマーたちは皆さんお休みモードでございますの!
そんなちょっと優しめ(だと思われる)なレースで、そこそこ良い成績を残しちゃおうという魂胆でございますわ!

(運が良ければ年代別トップ10入りも夢ではございませんわ……)



【もしかしたら出るかも】
<ヒルクライム佐久>
日時:9月10日(日)
場所:長野県佐久市


もしかしたら4戦目として出場するかもしれないのがこのヒルクライム佐久ですわ。
本当は車坂峠ヒルクライム大会と同じくらい出場したい大会でございましたが、わたくしが出場レースを決めた段階ではまだエントリーが始まっていないどころか、公式ホームページすらありませんでしたの。(超小規模大会なので今年開催するかも怪しかったですのよ)
ですから出場を見送りましたが、それでもやはり地元のレースということで出場したい気持ちは強いですわ。
ですので、車坂峠ヒルクライム大会とツール・ド・美ヶ原が終わった後のテンション次第ではもしかしたら出場するかもしれませんわ。



【まとめ】
5月21日:車坂峠ヒルクライム大会
6月25日:ツール・ド・美ヶ原
9月3日:嬬恋キャベツヒルクライム
(9月10日:ヒルクライム佐久)


というわけで、地元のレースに3~4つ参戦する、という告知でございましたわ。
もちろんどのレースも全身全霊で挑み、良い成績を狙っていきますわ!
もしレース会場でお会いしたら、その時は優しくお願いいたしますわね。

それでは、ごきげんよう。









【ぶっちゃけた話】
上述のように、1戦目は5月21日の車坂峠ヒルクライム大会なんですが、実は結構ヤバかったりします。
何がヤバいのかというと、もうレース2ヶ月前なのに全く自転車に乗っていません。
もう3週間くらい乗ってないです。
そして4月末くらいまでは忙しい日が続きそうなので、このままだと圧倒的練習量不足でレース当日を迎えてしまう恐れがあります。

しかし、それはどう考えたってマズいでしょう。
ただでさえここ2ヶ月ほど不調が続いているというのに、ここで練習から離れたら脚力低下は加速するばかりです。
そうならないためにも、今は何とか練習時間を作って、5月21日には自分史上最強で臨みたいと思います。

実は「忙しい」以外にも練習してない理由・言い訳があるのですが、それはまた後日。
とにかく今は練習あるのみです。


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

久しぶりの更新 ただいまです!

皆さんお久しぶりです。
ごごうるです。

半月もブログをすっぽかしてどこへ行っていたんだと怒られそうですが、実は半月もブログをすっぽかしてこんなところへ行っていたんです。

IMG_3775

IMG_3916


あとはこんなのにも乗ったりね。

IMG_3529


要するに、北海道旅行を満喫してきました\(^o^)/
めっちゃ楽しかったです\(^o^)/


3月末の北海道はまだ吹雪になる時もあり、一部楽しめなかったところもありましたが、そういうところはまた夏にでも訪れてリベンジしたいと思います。


ご飯もスーパー美味しかったです。

IMG_4351

見よ、この脂で燦然と輝くサーモンを!
食べた瞬間、口の中で核融合反応が起きたくらい美味しかったです。


この他にも、北海道へ行く途中や東京に帰る途中で通った弘前や酒田、青森が良いところだったり、東京にいる友人と夜通しカラオケで遊んだりと、非常に充実した時間を送ることができました。
本当に幸せな10日間でした。


IMG_20161029_153731

というわけでまた明日からトレーニングやブログ更新を頑張っていきたいと思います!

……と言いたいところなんですが、どうやら長旅による疲労や、急激な気温の変化により風邪を引いてしまったみたいです。
日本の強豪ホビーレーサー界隈では「風邪を引いたり怪我をしてもとにかく練習するべし」というのが常識ですが、か弱い僕は残念ながらそんな脳筋理論で生きていたら光の速さで体をぶっ壊します。
ということで申し訳ありませんが、風邪が完治するまでブログはお休みさせていただきます。

とはいえ、ただの風邪なので長くても週末には完治して、またローラー台練習していると思います。
半月も放置していたのですから、今さら2、3日くらい休まれても大したことじゃねーやと思って多めに見てやってくだされ。


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【体重が】03/13 ローラー台練習記録 メディオ、ソリア【やばい】

IMG_20170313_163542

練習前に体重を計ってみると、そこには目を疑う数字が鎮座していました。
この51.3kgという体重は、絶好調だった12月から1.3kgも落ちてしまった体重です。
道理でパワーが出ないわけですね。
ていうかなんで食事量が変わっていないのに1.3kgも落ちるんでしょうか。
かなり激おこです。

というわけで体重を増やすために、今日からご飯を1日2合食べます。
1日と言っても、私は夕食時のみしかお米を食べないため、実質「夕食時にご飯を2合食べます」と言っているようなものです。
もう増量するためにはこうするしかありません。
5月21日の車坂峠ヒルクライムには53kg以上で挑みたいので、ここから2kg以上増やさなければいけませんが、流石に1食で2合も食べれば増えるでしょう……。

また、増えすぎてもPWRさえ維持できればそのままでもOKですし、体重が増えた分だけロードレースやクリテリウムにも対応できる体になるので全く構いません。
脂肪だけが増えてPWR激落ちという最悪の事態になっても、やろうと思えば2日で1kgくらいは落とせるのでこちらも問題ありません。
高校球児よろしく白米を食べまくるのがジャスティスなのです。



IMG_3048

というわけで13日の練習記録。

03/13 月曜日
練習内容:メディオ(L4,15min*2)、ソリア(L5,3min*3)
練習時間:75分

まずはメディオ。
平均ワットを見ていただければお分かりになると思いますが、この日はやたらと調子が良かったような気がします。
調子が良すぎてSSTじゃなくてL4になっているレベルです。
やっぱり、周りの人が速くなると「俺も負けてらんねえ!」という負けず嫌い根性が発動して、いつもより踏めるのでしょうね。



IMG_3050

メディオの次はソリア。
ソリアでも調子の良さがビンビンに感じられました。
平均ワットが高いのはレスト中にLive Trainingの負荷を下げ忘れていただけだから当てにならないとしても、いつもよりは間違いなく踏めました。

この前も書いたとおり、私はソリアの時は下ハンを持って踏んでいるのですが、なんとなくペーター・サガンをイメージするといつもより踏める気がします。
流石に世界チャンピオンだけあって体の使い方やペダリングは超一流なはずですからね。
正直今のサガンはそんなに好きじゃないんですが、好き嫌い関係なく速い人の真似はどんどんしていくべきだと思います。
高校球児よろしくプロのモノマネをして遊ぶことがジャスティスなのです。


ブログランキングに参加中! 応援のポチッとをお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ついったー
最新コメント
プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ