Wonderful "ROAD"


        ワンダフルな道を、ワンダフルなロードバイクで

長野県限定 信州味噌を使用したねぎ味噌おにぎりを食べてみた

IMG_20160404_083725

Twitterにて、「長野県のセブンイレブンではネギ味噌のおにぎりが売っているらしい」 という情報をキャッチしたので買ってみました。自転車とネギ味噌、一見すると共通点が皆無のように思えますが、超人気ライドイベント "AACR" で提供される人気の補給食がこのネギ味噌おにぎりらしいのです。

確かに、食べてみると人気になるのも納得の美味しさ。ロングライドで疲れている体にはこのネギ味噌の塩分が心地よいことでしょう。もちろん、ご飯でカロリーや糖質の補給もバッチリ。味、栄養素、地元の物を食べている感の全てをこれ1つで摂取することが出来ます。

ただ、残念ながら100点満点をあげるのは難しいですね。最大の減点ポイントとして、写真を1枚も撮る余裕が無いくらい食べづらいことが挙げられます。おにぎり内部もぜひレポートしたかったのですが、そんな余裕はこれっぽっちもありませんでした。実の崩れやすさがねぎとろや昆布の比ではありません。精一杯食べないと落っこちますよ。

あとは、ちょっとばかし味噌が少ないかなとは思いました。110円というお手軽さ重視のお値段ですから仕方ないことではありますけどね。どちらかというと、「ネギ味噌おにぎり普及委員会」的な役割と言えるでしょう。私も150円とかでしたら買う気になれませんでしたし、それはすなわちネギ味噌おにぎりの美味しさを知ることなく死んでいくということになるので、彼(セブンのおにぎり)がいてくれて良かったですね。

まとめると、"これを食べたときお前はAACRにきっと出たくなるだろうおにぎり"ということでどうでしょうか。ぜひご賞味あれ。


ポチッとお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ロンド・ファン・フラーンデレンのリザルトと、まさかの結果となった事前予想の答え合わせ!

この記事を書いている時刻は深夜1:08。そうです、"クラシックの王様"、ロンド・ファン・フラーンデレンが終了してちょうど1時間後くらいです!

それでは早速結果を振り返っていきましょう!

……とその前に、事前予想の記事をご覧になってから当記事を閲覧されますと4.9倍くらい楽しめると思います。

それでは気を取り直して、結果を振り返ってみましょう!




20165437-307573

1位 ペーター・サガン
2位 ファビアン・カンチェラーラ
3位 セプ・ファンマルク


事前予想では、
1位 ペーター・サガン
2位 ズデネク・スティバル
3位 ファビアン・カンチェラーラ


としていましたので、見事にサガンの優勝を的中させてやりました!

事前予想では、「独走勝利は無い」だとかほざいていますが、どのような勝ち方であろうとサガンが勝ったことに変わりはありません。この際、細かいことには目を瞑るがよろしなのです。
とにかくサガンおめでとうなのです!


さあ、そして今週末にはパリ~ルーベが開催されます。事前予想ではロットNLユンボのセプ・ファンマルクを優勝予想として挙げていますが、ヘント~ウェベルヘムで2位、そしてロンドでは3位に入っているので、全くあり得ない話というわけでは無いと思っています。Jスポにご加入済みのみなさん、ぜひファンマルク(とクリストフ)に熱い応援を!


余談ですが、レース終了後マッハで更新されたうるふはーとさんのブログでお褒めの言葉を頂戴いたしました(/ω\)
こうなったら意地でもファンマルクに頑張ってもらうしかない!

(写真はcyclowiredさんから)


ポチッとお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

僕がStravaのアクティビティを公開しないワケ

IMG_20160321_092531~2

この記事でも紹介しましたとおり、いま私はiPhoneを使ってStravaで楽しく遊んでいます。タップ1回でGPSログを記録してくれて、PCで事前にルートを作っておけばライド中にオフラインでマップを確認することができ、走行データはPCでじっくり見ることが出来るという完全無欠なこのサービス。なぜもっと早く使い始めなかったのかと後悔しているくらいです。

凄いのはこれだけではありません。なんと自分の走行ログを他の人に見せたり、区間ごとのタイムで競い合うことが出来るなど、いわゆるSNS的な要素も兼ね備えています。誰がどんなルートを何km/hで走り、どれくらい登ったのかなどが一目で分かってしまうのです。

「えっ? どんなルートを走ったのか人に見られちゃうなら自分の家が分かっちゃうじゃん! それは困るよ!」 と思われた方もいらっしゃるかもしれません。実は私も最初はそう思っていました。ですが安心してください。家や会社など何でもいいので住所を登録すると、最大でそこから半径500mを隠してくれる機能があるのです。これにより、家を出るときにStravaを起動させても家バレすることなく、最初から最後まで走行データを取ることが出来るのです。






IMG_20160321_104655~2

しかし田舎者はそれじゃあ安心出来ないのです\(^o^)/

東京の場合、半径500mに家やオフィスが何軒あるかなんて到底数え切れませんよね。しかし、長野県のような田舎となれば話は別です。やろうと思えば数え切れる程度しか家がありません。私が住んでいる地区は一応そこそこ人や家が多い部類に入りますが、それでも半径500m圏内にある家の軒数なんて3時間くらいあれば数え切れるでしょう。



つまり、走行ログを公開すると住所を特定される恐れがあるのです(;^ω^)



もちろん、私も可能であれば皆さまに自分の走行ログをお見せしたいのですが、そういったワケで非公開とさせていただいております。セグメントの順位も公開状態にしないと自分にしか見えないため、どれだけ速いタイムで走ったとしても皆さまに自慢することが出来ないのが残念です。(今のところ上位に食い込んでるセグメントはほとんどありませんが)

一応アクティビティを非公開にしていても、走行距離や獲得標高などの数字は見られるようになっていると思います。それを見て、「こいつ全然走ってねえな」とか思っていただければ幸いです。


ポチッとお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ついったー
最新コメント
プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ