Wonderful "ROAD"


        ワンダフルな道を、ワンダフルなロードバイクで

【閲覧注意】50km/hオーバーで派手に落車しちゃったぜ☆(ゝω・)v

注:この記事には、一部グロテスクなコンテンツが含まれています。苦手な方は閲覧をお控えください。

IMG_20160327_122819~2

というわけで、かなりド派手に落車しました! こんな高速度帯でやらかしたのはもちろん今までありませんでしたし、恐らくこれからも無いと思います。良い勉強になったと思い、反省し、次に繋げていきたいです! 大好きな曲を聴きながら書いているので、ブログテーマのわりにテンションがおかしいのは許してください!

タイトルからもお察しいただけると思いますが、今回の落車はダウンヒル中に起きたものでした。峠の下り道によくある路面に縦溝が彫られているアレを避けようとして、いつも通り白線に入りまして、右カーブを曲がるために白線の外側に出ようとしたとき、白線が大幅に陥没していたことに直前まで気が付かず、段差を越えられずに無事死亡した……というわけです。

文章だけでは分かりづらいですかね? もしよろしければ今度再現VTRでも撮影してYouTubeにでもアップしますよ。もしくは絵の上手い人が書き起こしてくださるのを待ちましょう。

ちなみに、1番の原因である路面への縦溝加工ですが、グルービング工法と言うらしいですね。「道路 縦溝」で検索したら、主にバイク乗りの方達からの、「怖い」というご意見がたくさんヒットしました。バイクに使われているタイヤの太さですら怖いと感じる人たちがいるのですから、自転車の細いタイヤでも当然怖いわけです。それを避けたところからの陥没白線コンボ、そりゃ俺みたいな下手くそが通ったら死にますわ。10回通って10回とも転ぶ自信があります。





IMG_20160327_123533

IMG_20160327_123558

落車の衝撃でハンドルは左右とも派手に曲がりましたが、ディレイラーやディレイラーハンガーの損傷が無かったことは不幸中の幸いでした。普通、落車したときに最も逝きやすいのはディレイラーハンガーだと思いますが、今回は何故か全くの無傷でした。落車した瞬間の記憶が曖昧なのですが、確か右側に転んだはずなんですよね。本当、なんで壊れてないのは不思議で仕方ありません。

ボトルもどろんこになりましたので、ここから一滴の水も飲まずに帰宅しました。これから先、使い続けるかどうかはこれから判断します。





IMG_20160327_123512

IMG_20160327_123623

手袋は右手だけご覧のあり様。ロードバイクに乗るときは必ず手袋をしましょうと言われる理由が一目で分かりますね。ていうかやっぱり右側に転んでますね。

ウェアとレーパンは奇跡的にほぼ無傷でした。確認出来ている損傷は、ウェアのバックポケットに少し穴が空いているのと、レーパンの右膝部分に穴がもう1つ追加されたことの2つのみです。そうです、右膝部分に穴が空くのは2回目なんです。ここだけクソ分厚いでもパッド入れましょうかね。





IMG_20160327_124854

IMG_20160327_125009

IMG_20160327_125442

ハンドルの曲がりと汚れについては慣れていることなので、ささっと修理。曲がっているだけなら、工具無しで直すことが出来ますよ。外側にグイっと曲げるだけです。覚えておいて損はないでしょう(上から目線)。




※ここから先は傷が写っている写真になります。グロテスクなものが苦手な方は閲覧をお控えください
























IMG_20160327_142043 (2)

IMG_20160327_142056

傷はこんな感じです。他にもたくさんありますが、わざわざ全部載せるようなものでもありませんので。

50km/hを超えるスピードからの落車にしては、そこまでの怪我ではないですね。骨折等もしておりません。少しの打撲と擦過傷のみで済みました。上半身に至っては無傷でございます。





IMG_20160328_000233

現在はバンドエイドを7枚動員して治療中でございます。痛みも多少マシになってきましたし、大怪我にならなくて本当によかったです。シャワーを浴びるのは流石に勇気が必要でしたが、何分も浴びていればむしろ快感になっていったのでこれからも大丈夫そうです(ただのマゾ)。




先ほどもちょろっと書きましたが、このレベルの大きい落車は実は初めてではありません。それに、落車の大小さえ問わなければ何十回と経験してます。ただ、それらのいずれもサイクリングロードや車通りがほとんど無い道路でしたので、今回のように国道で落車したのは初めてです。大型ダンプカーなども頻繁に通る道路ですので、運が悪ければ冗談抜きで死んでました。日頃の行いが良いので救われましたね。

また、サイクリストは受け身を習得しておくべきだとマジで思いました。私は少しだけそういう類の経験があるのですが、やはり受け身が出来なかったら今回もこんな程度では済まなかっただろうなと思います。よく、「落車でヘルメットが壊れた」という経験談を語っている人がいますが、ヘルメットなんて隕石が頭上に落ちてきた時のみ使うくらいに考えておいたほうが良いですよ。ヘルメットがあるからと言って頭を打っていいわけではないのです。頭の保護は最優先事項なのです。もちろん私は今までヘルメットを壊したことはありません。
よく考えてみてください、プロ選手が落車でヘルメットを壊しているところを見たことがありますか? 少なくとも私は見たこと無いですね。

また、これは個人の自由ですが、丈が長いレーパンを1年中履いているのはやはり正解だったと思いました。真夏でも落車したときを考えて私は常に長レーパンを履いているのですが、今年も、そしてこれからも続けて履いていこうと思います。もし今回の落車が夏に起きて、そのとき半ズボンだったら……。恐らく、膝はもっとえぐれていたでしょうし、夏用の半ズボンレーパンは生地が薄いので、全体的にもっと酷いことになっていたでしょう。

とか何とか言ってますけど、私は今のところ元気です。特に落ち込んだりはしてませんし、ほぼいつも通りの生活を送れています。ただ、ケガが完治するまでは自転車に乗ることを控えようと思うので、それが一体いつになるかを考えるとストレスで吐きそうです……。

もちろん、落車したライドのレポもしっかり書きますよ。その瞬間さえ切り取れば、絶景まみれの素晴らしいライドでしたので。それだけに、落車したことが余計に悔やまれますが。






IMG_20160327_123536

あっ、そうそう。この前紹介したスマホホルダーは、これだけの落車をしても全く問題無いということが証明されました。素晴らしい。


ポチッとお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

祝・ブログ開設1週間

早いもので、本日でブログを開設してから1週間になります。さあ皆さんでお祝いしましょう。今日の晩御飯はお赤飯を炊きましょう。

この1週間でPVは1000を越え、1日に100人もの方が訪れてくださった日もありました。1年間続けた旧ブログでもそんな日はなかなか無かったのに、開設からたったの1週間でこれだけの方に来ていただいていることは凄く更新の励みになっております。

さあここで早くも悲報をブチ込みますよ。今まではコツコツ書き溜めた記事ストックを消費することによりそこそこボリュームある記事を毎日アップしてきましたが、既にストックが尽きかけております。これはつまり、明日から記事の質がガクッと落ちることを意味します。

それでもなるべく毎日更新を目指していきたいと思っています。文章が数行しかなくても、写真が1枚しかなくても、それでも更新することが大事だと考えていますからね。これは私の経験上、ブックマークさせていただいているブログは、毎日少しでも更新されていると凄く嬉しくなるからです。私のブログをブックマークしている物好きな方がいらっしゃるかどうかは不明ですが、もしそういう方が1人でもいらっしゃるなら、やっぱり喜んでいただきたいなぁと思っています。

というわけで、これから末永く続けられるよう頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。最後に、頑張って今週中に仕上げる予定のライドレポの予告編的な写真を貼って失礼したいと思います。
IMG_20160321_113239~2



ポチッとお願いいたします(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

使わなくなったiPhone5をGPSロガー&ナビとして再利用する:MINOURA iH-400-OS

IMG_20160321_092531~2

iPhone5でスマホデビューを果たした自分ですが、現在はAndroidに鞍替えしてNexus5を使っています。2年縛りが切れたときにそのまま新型iPhoneにしても良かったのですが、ガジェット好きとしてはどうしてもiOS以外を使ってみたかったのです。旧ブログの終盤でご紹介したので、覚えている方も中にはいらっしゃると思います。

その後iPhone5はどうなったのかというと、今の今までずっと押し入れの奥で眠っていました。しかし、SIMカードが刺さってないとはいえ、それでもiPhoneはまだ尚ハイスペックで優秀な端末ということに変わりはありません。何かに利用出来ないかなぁと常に考えておりました。




Strava_Logo

そこで思い出したのが、Stravaの存在。Stravaに関しては、またそのうち記事を作ろうと思っているのでここでは説明を割愛させていただきます。

セレブな皆さんはこのStravaのログ取得をガーミンでやっている人が多いと思いますが、私にはとてもガーミンを買える資金がありません。

しかし、そんな高級機材を買わなくても、この私のSIM無しiPhone5でもログを取り、Stravaに走行記録を残せるのです! そうと分かれば、早速iPhone5をロードバイクに取り付けられるマウントを購入しましょう。




IMG_20160318_093002~2

世の中にはスマホホルダーが溢れていますが、三日三晩寝ないで調べたところ、どうやら俺にはこのiH-400が合ってそうだという判断に至りました。MINOURA製スマホホルダーは他にも4種類くらいあるので、皆さんに合ったものをお選びください。


IMG_20160318_093015~2

スタンダードとオーバーサイズの2種類がラインナップされており、私はオーバーサイズを購入。ステムに付けるにしろハンドルに付けるにしろ、恐らくロードバイクに付けられるのはほぼ全てオーバーサイズだと思われます。心配なら念のため計ってくだされ。






IMG_20160318_093048~2

全く関係ありませんが、MINOURAって岐阜県の企業なんですね。岐阜県行きてぇ。







IMG_20160318_102013~2

最初の状態では注意書きのシールが書かれていますので、これを剥がします。



IMG_20160318_102219~2

じゃん!
左右からだけではなく、下にもガードがありますので頑丈そうですね。ちなみに、端末と接触する部分はスポンジで出来ていますので、傷が付く可能性も少なそうです。




IMG_20160318_102330~2

商品の注意書きにも書いてありますが、そのままの状態ではiPhone5が薄すぎて固定出来ませんので、付属の追加スポンジを貼り付けて厚みを加えます。



IMG_20160318_103821~2

IMG_20160318_104029~2

ペタっとな。


お次はiPhone5本体を用意します。
IMG_20160318_102534~2

放置されていたので少し汚れていますが、それでも漂うカッコよさはiPhoneならではですな。やはりデザインに関してはApple強しです。


IMG_20160318_102638~2

IMG_20160318_102725~2

そのイケメンデザインを見せびらかすために裸で使いたいのは山々なんですが、更に厚みを加えさせることと、万が一落下したときの保険のためにケースを付けます。しかし、この美ら海ケースもかなり思い入れがある物なので、むしろこれと共にサイクリングが出来るのは喜ばしいことです。

そういえばウチのiPhone5はやけに頑丈だったな……ということを、ケースを付けながら思い出しました。数々の武勇伝の一部を紹介させていただくと、
・耐水じゃないのに池ポチャに耐えた
・耐水じゃないのに牛乳ポチャに耐えた
・耐水じゃないのにウェアの後ろポケットで汗に水没しても壊れない
・耐衝撃じゃないのに持ち主に落とされまくる
・それなのにケースを付けようとしないバカな持ち主に元に生まれてしまった




なんだ、まあ、ほんとゴメン。




IMG_20160318_104456~2

IMG_20160318_104447~2

先ほどのケースにiPhoneをセットするとこんな感じ。相当ガッチリ固定されています。こりゃ安心できますな。

ただ、1つ注意したいのが、しっかり固定するにはかなり力を入れないとダメというところ。これ、非力な女性には少しツライかもしれません。私も女性並みの握力しかないので(約30)、取り付けるのに一苦労します。あまり頻繁に取り外しするものじゃないからいいんですけどね。

この製品だったかは忘れましたが、Amazonのレビューであった「走ってたらすっぽ抜けた」というのは、しっかりと固定してなかったからだと思います。とはいえ、私も軽度の強迫性障害じゃなかったらユルいまま走ってすっぽ抜けているところでした。ご購入の際にはお気を付けください。





IMG_20160318_103007~2

IMG_20160318_103127~2

固定された端末を外す方法は、この赤いボタンを押すだけです。ここでパワーは一切必要ありません。ひょいと押してやると簡単に左右の固定器具が解除されます。

私はこのワンプッシュ解除ボタンが決め手になりこの製品を買いましたが、やはり想像通りの便利さがあります。この機構は全てのMINOURA性スマホホルダーに搭載されているわけではないので、この機能が欲しい方にはiH-400、オススメです。





IMG_20160318_110007~2

スペーサーが付属しているので、色々な太さのステムやハンドルに取り付け可能です。ピッタリじゃなくてもネジの締め付け具合でいくらでも調整出来るので、あまり心配はいりませんよ。


あとはマウントをロードバイクに取り付けていくだけです。
IMG_20160318_111959

IMG_20160318_112350~2

IMG_20160318_113345~2

不器用な私でも全く問題なく取り付けられました。数本のネジだけで取り付けられますし、組み立てに必要な六角レンチは付属しているので工具なども必要ありません。取り付け終わったとき、簡単すぎワロタという言葉が自然に出てくる程度には簡単です。






IMG_20160318_104617~2

IMG_20160318_104722~2

あとはこの命綱ゴムを付けるだけなのですが……


IMG_20160318_113521~2

残念ながらサイコンが干渉して後ろには付けられませんでした。幸い、前にも付けられるようになっているのでそちらに付けました。こういう細かいところも配慮してくれるところが高ポイントですな。



というわけで完成体がこちらになります。
IMG_20160318_113559~2

写真を見ただけだとサイコンが見えないんじゃないかと思われるかもしれませんが、実際は全く問題なく見られます。全てが干渉することなく役割を全うする。そこには1つの芸術品がありました。


既に何回か実戦で使い、凄まじい悪路のダウンヒルもやりましたが、すっぽ抜ける気配は一切ありません。少し値段はしますが、ガーミンをはじめとした高いサイコンを買う金額に比べたら可愛いもんです。これでようやく憧れのStravaで遊ぶことが出来ます!

というわけで「MINOURA iH-400-OS」、とても良い買い物でした。皆さんも使わなくなって押し入れの奥で眠っているスマホ、サイクリングの場で再び活躍させてみませんか?


ポチッとお願いいたします。(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ついったー
最新コメント
プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ